DVDの中身 野球キャッチャー育成プログラム 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

DVDの中身

元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDの中身(収録内容)は、知っておかないといけない基本から実戦で使える技術が効率よく上達するコツや練習方法、考え方などが余すことなく紹介してあります。

 

 

 

 

Disk1
キャッチボールの基本

座ったスローイング

ステップの練習
キャッチ後の手の運び
スリーイング時の腕の角度
構え方
ミットの止め方
ミットの握り方
ブロッキング(ワンバン)

 

Disk2
バント処理

送球

タッチプレー
サインの出し方
キャッチャーフライ
キャッチミス時の処理法
カバーリング
ストレッチ
防具の付け方
練習メニュー
キャッチャーかた見たピッチングフォーム
対談

 

以上が定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDの中身(収録内容)です。

 

実際に見た感想

見てもらうと分かりますが、高画質画像で定詰さんの解説も実演でやって見せてくれているので、小学生の選手が見てもとても分かりやすくなっていうるように感じました。
もちろん、音声も聞き取りやすくなっていますよ。

 

 

捕手の練習というと、バリエーションも少なく、どのように指導すればいいのか悩むことが多いものですが、このDVDを見れば殆ど解決出来ると言っていいぐらい具体的にやり方分かります。

 

 

また、Disk1ではキャッチボールの基本から始まるのですが、キャッチャーのスロイングは特別なものと思いがちですが、ポジション関係なく基本は同じ動きになります。
これは私も見るまでは分かっているつもりになっていましが、腕の振り方一つとってもボールに力が最も伝わる角度というのがあるんですね。

 

 

腕を振る角度いうのは、両手を頭の上で組んで、肘を動かさずに腕を開いた角度なんです。
これよりも上げて投げるのは、大変難しくなります。
ですが、この角度でセカンドまで投げようとすると、ボールにシュート回転がかかります。

 

 

そこでミットをはめている側の腕を利用して、体を倒して行き、腕の角度は保ちながら腕が上にくるようにしてボールに縦回転をかけます。
このようにすることで、真っ直ぐな綺麗な取りやすいボールをセカンドに投げることが出来るようになります。

 

 

このようなちょっとしたコツを知って、意識して行うだけで結果が全く違ってきます。
特に小学生に多いのは、真っ直ぐに投げてもカーブ回転がかかってしまうことが多く見られますが、その原因として手が小さいのでボールが正しく握られていないことがあります。

 

 

正しいボールの握り方や腕の振り方なども学べるので、選手や少年野球の指導されている方にも活かすことが出来る筈です。

 

一般では知ることが出来ないプロのノウハウが分かる

中学生や高校生の選手には、ステップ練習などの実戦で使える技術がとても参考になる筈です。
市販本などにもキャッチャーに関する技術は取り上げられていますが、どれも断片的で一連の動作が分かりません。

 

 

ですが、映像だと足の運び方や出す位置など、見てそのまま真似すれは良いので、明確に分かり、自宅でも一人で練習することが出来ます。
何より、その考え方が分かるので、応用もいくらでも利かせれるようになれるわけです。

 

 

ただ、デメリットとして値段はDVD2枚組で2万円近くするので確かに高いように思いますが、一般では知ることが出来ないプロならではのノウハウが分かるのです。
しっかり取り組めば得られるものもそれだけ大きいので、この先のことを考えれば実は割安と言えるかもしれません。

 

 

やはり、キャッチャーも出来るだけ早い時期に、基本や正しいやり方を見につけることで、怪我もせず、その後の上達に大きく差がつくので、親御さんや指導者の方は、将来伸びしろのある選手に育成する為にも、是非参考にされてみてください。応援しています!!

 

なお、簡易的な領収書は返品・返金規定と購入者特典ご利用の手引きと一緒に商品に同封してありますが、公費などで購入される場合などで違う名義での領収書が必要な場合は、購入後に問い合わせ頂ければ郵送してくれます。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる