ステップ練習 股関節 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ステップ練習で股関節まわりを強化

野球のキャッチャーは下半身をしっかり鍛える必要があると思います。
特に股関節まわりの筋肉を強化をはかることが大切でしょう。

 

ダブルプレー

 

というのも、キャッチャーは野手とは違い、マスクやプロテクターを着けてボックス内で腰を落として、そんきょの姿勢からキャッチング、フットワーク、スローイングといった動作を行うポジションだからです。

 

 

だから、腰を落とした状態からでも、スムーズに動くためにも股関節まわりの筋肉を強化することが求めれると思うんです。
まずは、投球に対して送球に入る為のフットワークを良くするために、ステップ練習で下半身の筋力アップをはかるといいです。

 

 

そのうえで、捕球と送球技術も同時に磨いていくことで効率よくレベルアップ出来るようになるのではと。
そんな股関節まわりの筋肉の強化するステップ練習としては、セカンドに投げる構えをして、右足を大きく前に踏み出します。

 

 

この時には踏み出した足の内側がピッチャーのほうを向くようにします。
次に、左足を出来るだけ大きく踏み出し、投げる形を作ります。
このステップ練習をやってもらうとわかると思いますが、モモに力が入ることがわかる筈です。

 

 

これが一人で出来るいいトレーニングになります。
正しい足の動かし方と股関節などの下半身の筋力アップにもなり、一石二鳥の練習方法です。

 

 

このように捕球からステップの動作を繰り返し、この形がしっかりできるようになれば送球も安定してくると思うので、普段どのような練習をするかで上達のスピードが大きく変わってくるのかなと思います。('ω')ノ

 

 

ダブルプレーDVDの中身を見てみる