キャッチング フッワーク 練習 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦

MENU

キャッチングとフッワークの練習

キャッチャーはどんなコースにきても、ミットの芯で捕球する秘術、さらに素早い足の動きであるフットワークを身につける必要があります。

 

ですが、そう簡単に身につくものではなく、正しいキャッチャーの基本を踏まえて、繰り返しの練習が必要です。

 

そこで、正確なキャッチングと軽快なフットワークを身につけるための効果的な練習方法をご紹介します

 

やり方はとても簡単で、2mくらい離れた位置からパートナーに左右にトスしてもらい、素早い足の動きで正確に捕球するようにします。

 

 

その際、左右に動いて体の正面で正確に捕球することを心掛け、トスでパートナーに返すようにします。

 

このキャッチングとフッワークの練習でのチェツクすべきポイントしては、次の3つを意識して行ってください。

 

@ボールに回転を止めるミットの芯での捕球。
※ミットの芯とは、手のひらの少し上で捕球時に良い音が出る部分。

 

A捕球での勢いを使った両腕の引き上げ。

 

Bミットから右手へのボールの移動

 

その次に、5m離れた位置から投げてもらって捕るようにします。
左右の足の動きで素早く体を入れて捕るようにします。高い球は足の動きと腕を伸ばして捕球しましょう。

 

いずれにしても、キャッチングとフッワークの2つの技術は盗塁を刺す送球だけではなく、キャッチャーとして基本でもあるので、その動きを何度も練習で確認して身につけるようにしていきましょう。

 

TOPへ