バントシフト サイン 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦

MENU

バントシフトのサインを練習しよう

バントシフトのサインを練習していますか?
例えば、無死一、二塁場面で簡単に送りバントで二、三塁という相手のチャンスを作らないために、バントシフトサインを用います。

 

バントシフトのサイン

 

基本的には監督やコーチなどのベンチから指示を出すことが多いですが、試合展開で分かり切っている場合は、キャッチャーが指示を出します。

 

 

この場合のバントシフトサインはまず、ショートが二塁走者を牽制してベースの方に入り、守備位置に戻ると同時に三塁ベースに走ります。

 

 

その時点でピッチャーが投球し、同時にファーストとサードがホームに向かってスタートを切ります。
三塁のベースカバーにはショートが入ります。

 

 

これがバントシフトサイン。ピッチャーが投球した時点で一塁手、三塁手がダッシュしてくるため、バントをした場合は三塁封殺をとれる可能性が高くなります。

 

 

さらに、バントシフトのサインをおとりに使うことも出来ます。
ショートが一度二塁ベースに入ってから三塁に走り、一塁手と三塁手がバッターに向かってスタートすれば、二塁ランナーがリードを大きくとります。

 

 

そこでそれを逆手にとって、二塁手がベースに入ってセカンドへ牽制するわけです。
バントシフトサインの前段階の牽制ということになりますね。
このように2つをセットにして守れば、簡単に二、三塁という状況を作らせないことが出来ます。

 

 

この場合、二塁にランナーがいるので一塁走者はマークしなくても大丈夫です。
その為、一塁手はベースにつかないでバントシフトをとるようにしましょう。

 

 

更に、サインプレーによる一塁牽制も有効です。キャッチャーがウエストして、ベースカバーに二塁手が入った一塁に牽制を投げるわけです。
こうしたサインプレーも実戦では有効なので、練習に取り入れていくと良いでしょう。

 

 

いずれにしてもキャッチャーは、相手の作戦がバントだったり、ヒットエンドランが考えれる場面で、いかに作戦を未遂に終わらせることができるか、失敗させるボールを要求できるかということが重要になります。

 

 

捕手は他の野手とは逆向きにグラウンドを見ているので、それだけポジション的に守備位置を動かしたりする指示を出しやすいので、状況に応じた守備体系を知っておくのと、その際のサインの出し方もしっかり身につけておくと良いでしょう。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる