野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キヤッチャーの練習方法

野球のキャッチャーというポジションというのは、指導も難しく練習方法も上手く教えることができないということが往々にしてあります。
おそらく多くの指導現場に捕手経験者がいないからでしょう。

 

ここでは、そんなキャッチャーが上達するための練習方法についてお伝えしています。

キヤッチャーの練習方法記事一覧

キャッチャーも守備のレベルアップに欠かせないのがフットワークですね。キャッチャーは坐っている姿勢からスローイングしなくてはならないので、しっかりとした上半身での腕の振りと、下半身の各塁へのステップワークであるフットワークが必要になります。その為、素早く足を動かして、臨機応変に体を思いのまま動かせるように、フットワークを磨くようにしましょう。そんなフットワークの練習としては、まずは、白線で半径1メー...

ショートバウンドなど身体でボールを止めるボディストップがしっかり出来ていますか?まずは、参考になるボディストップの練習の映像を見つけたのでご覧下さい。↓↓そして、野球のキャッチャーが絶対にやってはいけないのが、ワンバウンドのボールが股の間から抜けて後ろに反らすことですね。その為、ボディストップのやり方としては、両肩を前に出して背中をお椀のように丸めて両膝を落とし地面につけ、股の間にミットを置き急所...

キャッチャーをしているなら、捕球から送球体勢に入るまでの送球モーションの時間を0.1秒でも短縮したいものです。そこで、その時間を計測するようにしましょう。やり方としては、パートナーに投げてもらって捕球するか、ミットの中のボールを素早く取り出してパートナーに投げるか、ネットに送球して動きを確認し、その時間をストップウォッチなど計測するようにします。この時のチェツクポイントとしては、球の回転を止めるミ...

野球のキャッチャーは下半身をしっかり鍛える必要があると思います。特に股関節まわりの筋肉を強化をはかることが大切でしょう。というのも、キャッチャーは野手とは違い、マスクやプロテクターを着けてボックス内で腰を落として、そんきょの姿勢からキャッチング、フットワーク、スローイングといった動作を行うポジションだからです。だから、腰を落とした状態からでも、スムーズに動くためにも股関節まわりの筋肉を強化すること...