構え プロ 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

構えはプロの真似は危険!小中学生は基本を身につけよう

小中学生のキャッチャーでプロの真似をしているのを見かけることがあります。

 

例えば、盗塁阻止はキャッチャーの見せ場ですが、実際には盗塁阻止率が5割を超えることはまずありません。
平たく言うと半分以上いはランナーに走られてしまうということです。

構えはプロの真似は危険

 

キャッチャーなら俊足で盗塁が上手いランナーが塁に出ると、どうしても慌ててしまうものです。

 

 

これはプロも同じでしょう。
盗塁は必ず走ってくるわけでもなく、スローイングのしやすさから真っ直ぐばかりピッチャーに投げさせてしまうと、バッターに狙われて打たれてしまいます。

 

かといって、外してばかりいてもカウントが悪くなり、最悪四球になってしまいます。

 

また、キャッチャーは盗塁を刺す以前に、いかにランナーに走られないようにするかもありますよね。

 

 

これはピッチャーとの連携作業になり、けん制球やクイックモーションンなどをまじえて、ランナーが走れないように足止めして、バッターを打ちとることを考えなくてはなりません。

 

しかも、ランナーとバッターを観察しながら、ベンチのサインも確認したりとキャッチャーは何かと大変です。

 

通常、プロ野球の捕手を見ていると、ランナーが出ると、普段は片方の膝を地面につけて構えているキャッチャーでも、着けずに構えることが多いものです。

 

 

膝をつけるのは、より低く構えられ体力的にラクだからでしょうが、どうしてもスローイングに入ったり、ワンバンなどの暴投への動きだしが遅くなってしまいます。

 

そうしたことから、ランナーが出たり、振り逃げもある2ストライク後は、膝を着けずに構えるわけです。

 

そのため、盗塁阻止の可能性があるような場合は、即動けるように頭の位置を変えず、ややお尻だけ浮かす形で構える。
これはプロのキャッチャーもやっているのをみかけます。

 

 

また、左足を平行ではなく、スローイングに入りやすいように、右足を前に出しているキャッチャーもいますね。

 

ですが、小中学生でこれを真似するのはやめておいたほうが良いでしょう、

 

捕球の際の足は基本通り平行がいいと思います。
その理由として、まず捕りやすさがあります。

 

 

盗塁阻止しようといつもと違うように構えてしまうと、次にスローイングに入ることを考えれば、焦りが自然と生まれ、捕球のミスをする可能性が高まります。

 

まずは、しっかり捕球することを考えるべきです。

 

二つ目は、プロが片足をやや前に出すのは、そこから素早く立って送球する体勢を作り、そのままノーステップ投げるためです。

 

 

ですが、プロのキャッチャーを真似るのは、肩がまだ十分に出来上がっていない小中学生には難しく、肩を痛めてしまうこともあるので、、まずはステップや構えなどの基本をこの時期にしっかり身につけておくことが大切だと思います。

 

ちなみに構えは、形だけではなく、ピッチャーの的にもなるので、なるべくどっしり構えるようにしたほうがいいですね。

 

ミットが流れないで、しっかり止めて捕球し、ピッチャーの制球が多少乱れたとしても危なげなく反応よくとってくれることで安心して投げられます。

 

 

リード面でもキャッチャーのサイン通りに投げれば大丈夫とピッチャーが思ってくれたらしめたものでしょう。

 

TOPへ