ピッチャー 低めに投げる 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ピッチャーに低めに投げるよう意識させるには?

中学や高校で野球しているキャッチャーで、ピッチャーに低めに投げる意識を持たせたいと思っていませんか?
やはり、低めがバッターには打たれにくいですからね。

 

低めに投げる

 

ですが、ピッチャーは練習やブルペンでは高めに平気で投げて、ちょっとスピードが出ていれば調子がいいなくらいで練習を終わりにしてしまうことが多いように思います。

 

 

そして、試合になっても同じ調子に高めに投げて、手痛いヒットやホームランを打たれて、ようやく高めのボールは危ないと気付くのです。
低めに投げるというのは、技術的な要素もありますが、まずは意識を持つことが大切になります。

 

 

その為、キャッチャーは日頃から低めに投げることをピッチャーに意識させるることもキャッチャーには大事な役割です。
例えば試合前のブルペンに入ったら、立ち投げの段階からやや腰や膝をかがめて中腰くらいになって構え、ミットを自然に低く持っていくようにするのもいいかとい思います。

 

 

例えピッチャーの肩慣らしでも、普通にキャッチャーが立って胸よりも高い位置に投げさせるようにしては、その感覚が身につきやすいからです。
そこから改めて低い位置に構えると、ピッチャーにしてみればとても低めに投げなければならないように感じてしまいます。

 

 

ですので、キャッチボールの段階から、捕手は姿勢を低くして受けるようにすると良いでしょう。
また、投球練習中に低めの良いボールが来たら「ナイスボール」、高いボールが来たら「今のは高いぞ」と言葉で伝えましょう。

 

 

ただ、低めに構えると嫌がる投手もいます。そいう場合は無理をする必要はありあません。
そのような時には、最初は普通に構えておいてピッチャーが投球するときにミットだけをごく自然にスーッと下げれば、ピッチャーの目線はミットに合わせて下がります。
それだけで意識が低めに行くはずです。

 

 

これは変化球のカーブが高めに浮く癖などがある投手の球を受ける場合も、コントロールを矯正出来る場合もあります。
投げる直前になって、ミットを真ん中から、外角低めのほうに引っ張っていくようにするのも良いかもしれません。
こういったことも捕手のキャッチングのテクニックの一つでしょう。

 

TOPへ