ダブルスチール 送球 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ダブルスチールの送球

野球の試合でキャッチャーなら、ダブルスチールの送球する場面もあるかと思います。
このような複数のランナーがいる場合、アウトの取り方が次のプレーにつながります。

 

ダブルスチール

 

基本的には、ランナーの走る傾向を利用して確実にアウトをとることが大切です。
例えば、1、2塁のランナーがダブルスチールを行ってきたら、通常は失点を防ぐためにホームに近い3塁へ送球します。

 

 

ですが、ランナーのスタートが良くて、刺せないと思ったら2塁に送球する選択肢もあります。
何故なら、1塁ランナーは2塁ランナーの動きを見てからスタートとするということが頭にあるので、それだけ出だしが遅くなるからです。

 

 

また、アウトカウントを一つ増やして1アウト3塁にしておけば、打者自身で走者をかえさなければいけないというプレッシャーをかけることにもなります。

 

 

ホームに近いランナーの進塁を許しても、他でアウトカウントを増やせばピンチは小さくなりますよね。
進塁打や外野フライでも1点のみになりますし、2アウト3塁ならバッター勝負です。

 

 

良くないのは、3塁へ送球してもセーフです。
ただ、刺せるかもしれないという際どいタイミングなら、基本的には2塁より刺しやすい3塁へ送球することです。

 

 

いずれにしてもキャッチャーのダブルスチールの送球は、アウトカウントを確実に増やすことを考えてどこへ投げるか判断すべきでしょう。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる