ピンチ 初球の入り方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦

MENU

ピンチでの初球の入り方

野球では絶対に点をとられてはいけないという状況というものがあります。ここで点を取られたら負けてしまうという場面です。
このようなピンチの場合、キャッチャーが大事にしなければいけないのは初球の入り方です。

 

初球の入り方

 

それも四球やエラーなどで塁上が埋まってしまったような時には、さよなら負けなどになってしまうこともあります。
特にそうしたピンチの状況では、ピッチャーは早くストライクを取りたいという気持ちになってしまうものです。

 

 

そうなれば、簡単に甘いコースに投げ込んでしまうことが多くなってしまいます。これが良く野球で言われるボールを置きにいくということです。
大事な場面になるほど、そのような傾向になるのは相手チームも分かっているので、甘くストライクを取りにくる初球を狙っています。

 

 

ですので、キャッチャーはそれを考えた初球の入り方、配球を考えなければなりません。
プロの場合なら、初球に甘いボールをわざと投げることもあります。打者からすればそんなボールを投げてくるとは思わないからでしょう。

 

 

そうすると初球に真ん中あたりで簡単にストライクをとれることもありますが、そこまで度胸のある投手はそういません。
また、プロの場合は1年間という長丁場ですし、それだけデーターもあるので、初球から狙ってくるのかどうかもある提訴判断できる場合もあります。

 

 

ですが、中学や高校野球の夏の大会などではトーナメントなので、負けたら3年生は即引退することになります。
そうした状況で、危険をわかっていていながら試すことは出来ませんよね。

 

 

リスクの高いことは最低限に抑えることを徹底すべきでしょう。
また、プロと違って、アマチュアは追い込まれたら対応する技術が未熟なので、追い込まれたら圧倒的に不利と感じるので、ボールカウントの早い段階から積極的に振ってくることが多いです。

 

 

また、指導者も積極的に振りなさいという感じで指示を出しますし、金属バットを使っているので、少々タイミングがずれても、バットをしっかり振ればヒットになる可能性も高いこともあるでしょう。

 

 

そうした打者心理を逆手にとった配球をしていく必要があります。
ピンチの時には、打者は積極的に振ってくることが多いから、厳しいボールを投げるというように考えることが大切です。

 

 

したがって、ストライクからボールになるような変化球を投げたり、ストレートを狙っている気配を感じたら、ボールゾーンに投げれば、打者のバットはなかなか止まらない筈です。

 

 

空振りする可能性もありますし、何よりボール球をヒットにするのはどんな好打者でも難しいですからね。
もちろん、ボールカウントが悪いときは別ですが、初球からそこまで追い込まれる必要はなく、ピンチのときこそ焦らずに様子をみながら配球を考えていくことが必要です。

 

 

その為にも、まずはピンチに捕球などのエラーで失点しないように早い段階でキャッチャーの基本技術をしっかり身につけておきましょう。