ショートバウンド 怖い 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦

MENU

ショートバウンドが怖い

キャッチャーをはじめたばかりの選手なら、ショートバウンドを止めるのがとても怖いということもあるかと思います。

 

怖い

 

キャッチャーがなぜ全身に防具を着けているのかといえば、ファールチップなどで怪我をしないための体を守る対策もありますが、こうしたショートバウンドやワンバウンドに対して体に当てて止めるためのものでもあります。

 

 

ですから、キャッチャーが付けている防具にボールが当たっても基本は痛くありません。
もちろん衝撃はありますが…。
プロテクターに当たったら、当然大きく弾んでしまいます。

 

 

その為、ボールの勢いを体で吸収するような感覚で強い気持ちを持ってショートバウンドを怖がらないことが大切です。
また、ランナーが三塁にいたとしても、ショートバウンドやワンバンを恐れないようにしましょう。

 

 

要は、ワンバウンドになりそうな球種、もしくは低めのコースをピッチャーに要求する勇気を持ってサインを出すことが重要かと思います。
低めギリギリや落ちる変化球を投げるようにピッチャーに要求すれば、ショートバウンドなどの投球が来る可能性も高くなります。

 

 

それでなくても、ランナーが三塁にいればプレッシャーがかかりますが、パスボールをしたくないからといって、自分を守る配球をし甘いボールとなって、バッターに打たれてしまい、逆に失点してしまうというケースが非常に多いのです。

 

 

例えば、打者を2ストライクと追い込んで低めにフォークを投げれば、三振が取りやすいですよね。
ですが、もし、ワンバウンドで自分が捕り損なってミスをしたら、ランナーが返って1点をとられてしまう。

 

 

それば避けたいということから自分を守ろうとしてしまいがちになり、どんどん消極的な配球になってしまうのです。
野球は心理戦という面がありますから、三塁走者がいる場面で打席に立っている打者がキャッチャーのそうした消極的な心理を察知すれば、「低めに落ちる変化球はないな」と考えて、心理的に楽になり、狙うべき球も絞りやすくなってしまいます。

 

 

そうした時でも、ショートバウンドなどを怖がらずにサインを出すキャッチャーなら、カウントが追い込まれたバッターは低めの変化球を意識しなくてはならなくなって、苦しくなるはずです。

 

 

ですので、キャッチャーは強い気持ちで打者を攻めていくということを忘れないようにしてください。
その為にも、正しい防具のつけ方から、ショバンやワンバンをしっかり止めれれるように基本をしっかり身につけていくといいかと思います。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる