牽制球 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦

MENU

牽制球で相手の攻撃の動きを掴む

野球において牽制球は、ランナーを刺すばかりではありません。
キャッチャーなら、ピッチャーが牽制球を投げる間に、バッターだけではなく、ランナーの動きも確認することで相手の攻撃の動きを掴むことが出来ますね。

 

牽制球

 

その時の動きの仕草によって、盗塁を狙っているのか、それともヒットエンドランのサインが出ているのかなど、相手チームの作戦を知る手がかかりになります。

 

 

例えば、ランナーの重心が右足にかかっていたり、リードが大きくなった場合は盗塁の可能性が高いですし、バッターにしても打ち気になっていないので、バット動作のどこかに緩みが感じられたりするものです。

 

 

このような時には、バッターは振ってこないのでストレートのストライクを投げる。
また、ランナーがピッチング動作に入るとともに数歩スタートを切ってからバッターを見たりするようならエンドランを狙っている可能性が高いでしょう。

 

 

バッターも基本的には右打ちを狙ってくるので、右バッターなら左足を踏み込もうとした動きになります。
その為、配球は内角高めの速球でフライを打たせるなどするといいかと。

 

 

送りバントしてくるようなときは、ランナーはスタートは切らないものの2塁へのスタートに備えています。
一方、バッターはピッチャーに対して正対するようなスタンスをとった場合はバンドの準備をしていると考えていいでしょう。

 

 

そのようなケースも、高めの速球でフライにさせたり、もしくは低めの速球でボールの勢いを殺さないようにすると良いかと思います。
ただ、オープンスタンスはバントの可能性が高いですが、あえて動きに変化をつけてみせかけの可能性もあるので注意が必要です。

 

 

キャッチャーは牽制球で攻撃の動きを掴み、次の1球で優位に立てるようにして行くためにも、キャッチングやスローイング、フットワークなどの技術を磨いていくようにしていくと良いかと思います。

 

合うわせて読みたい関連記事

素早く投げるコツ