フットワーク 練習 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 コツ

MENU

キャッチャーのフットワークの練習

キャッチャーも守備のレベルアップに欠かせないのがフットワークですね。
キャッチャーは坐っている姿勢からスローイングしなくてはならないので、しっかりとした上半身での腕の振りと、下半身の各塁へのステップワークであるフットワークが必要になります。

 

 

その為、素早く足を動かして、臨機応変に体を思いのまま動かせるように、フットワークを磨くようにしましょう。
そんなフットワークの練習としては、まずは、白線で半径1メートルくらいの円をかきます。

 

 

そして、その白線の円に沿ってキャッチングの構えをとり、ミットを下ろしながら右へ足をステップし、素早く体を右方向に移動させます。
これを繰り返し、2周程度右回りしたら、今度は同じ要領で左足をステップさせ、体を素早く左方向へ移動させて左回りをします。

 

 

いずれにしても、小中学生のジュニア選手のキャツチャー特有のスローイングを見ていると、特にフットワークがどうしてもぎこちなくなりがちです。
ですが、そのような悩みを解消する為には、適切な練習を反復して繰り返すことで、流れるような理想的な捕手の各塁へのスローイングをジュニア選手でも習得が出来るようになれるのです。

 

 

何より、捕手はピッチャーに次いで投球数が多いポジションなので、肩や肘に負担を掛けて野球肘などの故障をしないでランナーを刺す為にも、正しい足の運びであるフットワークを身につけましょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、腕の使い方から動き出しのフットワークまで、プロが実践している練習方法がDVD映像で分かりやすく学べるので、しっかり取り組めば、短期間で理想的なスローイングが出来るようになり、強肩捕手になって試合で大活躍できるようになれるでしょう。

 

理想的な捕手のスローイングをジュニアに習得させる練習方法をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる