肩が弱い 盗塁阻止 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

肩が弱い捕手ても盗塁阻止するには?

野球のキャッチャーなら、相手に得点を与えない為にも盗塁阻止をしたいもの。
それには、まずはフットワーク(ステップ)を磨くことが大切になります。

 

 

これは、肩が弱い捕手なら尚更です。
キャッチボールでは普通に投げても二塁と本塁間の距離は投げられても、ピッチャーの投球をしっかり捕球して、尚且つ打者をかわして投げるとなると、難しくなってきます。

 

 

その為、実際の試合で正確に投げるには、普段の練習段階から実戦を意識してやることがポイントです。
例えば、打者をバッターボックスに立たせてスイングをしてもらって送球してたり、変化球を捕球してから投げるなど、試合に近い様々な状態で練習しておくことが大事です。

 

 

その際には、目をつぶっても投げられるくらいの距離感覚を掴んでおけば盗塁阻止率もグンと高まるでしょう。
更に、捕球後に素早く投げるにはボールの握りかえが大切になります。

 

 

特に硬球の場合は、しっかり指をボールの縫い目にかけないと滑ってしまうので、キャッチ後の短い間にしっかり握れるようにしておくことが大切です。
実際に送球のミスの7割くらいは握りかえなので、普段からボールに触って慣れておくことです。

 

 

また、ボールをとった後に投げる為にどのようにして耳の後ろのトップに持っていくかですが、これは人によって捕球した位置からそのまま持っていったり、一度胸の前に持っていき、そこからトップに持ってくる人などがいます。

 

 

これは、人によってスムーズに投げられるやりやすい方で構いませんが、基本は速く投げれることです。
なお、チームでキャッチャー練習が出来るというのは少ないので、1人で出来るキャッチ後の手の運びからステップまでの練習方法を知っておくと良いでしょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、ボールの握りかえ、キャッチ後の手の運び、スローイング時の腕の角度、更には1人で出来るステップの練習が2種類紹介してあります。
これをしっかりやっておけば肩が弱くても速く投げられる上に送球も安定して、盗塁を刺せる確率も格段にアップするでしょう。

 

肩が強くない捕手の弱点解消法をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる