ミットを動かさない 捕球 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ミットを動かさないで捕球しよう

ミットを動かさずに捕ることが出来ていますか?
野球のキャッチャーの捕球の理想は、捕った位置でミットを止めることです。

 

 

ですが、一生懸命にピッチャーの投げたボールを捕ろうとするほど、自然に腕が前に出てしまいがちになるものです。
しかし、自分に向かって来るボールに対して腕を伸ばしてしまうと、球威に負けやすくなり、弾いたり後逸することが多くなってしまいます。

 

 

つまり、ボールを掴みにいかないようにして、ミットを動かさずに捕球することが大切です。それには、肘を伸ばしすぎないことです。
伸ばすと動きも悪くなるので、色々なボールに対応出来るようにする為にも、肘を曲げて少し余裕を持たせるのがベストです。

 

 

また、バッターを打ち取るには出来るだけピッチャーに低めを投げさせたいものですが、この時に目線が高くミットが下だと捕りにくいですし、ミットも流れたりと動いてしまいます。
したがって、出来るだけ低く構え、目線とミットが近づけるようにして捕球するようにしましょう。

 

 

目線とミットが近いほど捕りやすいですし、ミットも動かさずに止めやすくなります。
特に小学生や中学生のキャッチャーの筋肉では、このような捕り方をしないとすぐにボールを弾いてしまいます。

 

 

いくら気をつけてもミットが動いてしまうような場合は、基本姿勢を見直すことが必要です。
特に自然に体重が前よりになる人は、捕球の直前にミットが動きやすくなるので、反復するだけではなく、基本を見直すことも大切な練習になるでしょう。

 

 

大事な試合で捕球ミスをしない為の必須のスキル!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる