クロスプレー 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

クロスプレーが上手くなるには?

ホームでのクロスプレーが上手く出来ますか?
本塁上でランナーとの接触でボールを落とし、得点を取られる悔しさはキャッチャーにしかわかりませんよね

 

 

とは言え、野球のクロスプレーの対処については、あまり練習する機会もないものです。
その為、上手くなるにはランナーのスライディングをイメージしてタッチの仕方を練習することです。

 

 

例えば、ノックの練習の時などにも、形だけでアウトの真似をするのではなく、どのようなスライディングしてくるのか思い描いてタッチをすることが大切です。

 

 

ただ、これまでは本塁に突進してくる走者に対して捕手が果敢にブロックしてアウトにする、もしくはタックルで体当たりするランナーに倒されながらもボールを離さないでいるプレーが見られました。

 

 

ですが近年、これは危険なプレーとみなされ本塁でのクロスプレーのルールが大きく変わり、ベースを空けておくようにしておかなめればいけません。
捕手もランナーも意図して交錯しとうとするブロックや交錯する行為は禁止となりました。

 

 

 

しかし、キャッチャーはホームに突入してくるランナーをアウトにしなければいけないので、よりタッチの技術が求められてくるとも言えるのです。
また、いくら危険なプレーが禁止となったといっても、怪我をすることもあるので、防具の正しい装着やメンテナンスも重要です。

 

 

例えば、レガースの紐が外れていたりすれば、スライディングを受けた時に横を向いてしまって怪我をしてしまうこともあります。
更に襟元が伸びたプロテクターをはめていると、ボールがリバウンドして喉に当たったりする危険もないとはいえません。

 

 

その為、クロスプレーが上手くなるには、タッチの練習も大切ですが、防具のメンテナンスも怠らないようにしておくことも欠かせないでしょう。

 

 

なお、中学生、高校生、大学生は技術的に一番伸びる時期なので、間違ったやり方をしていたりすると、練習時間を無駄に過ごしてしまい、伸びしろが大きく変わってきてしまいます。
短時間の中で、如何に効率よく技術練習をするかが上達のカギでしょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、マスクは外したほうがいいのかなど、プロ時代のその経験と指導で得た、クロスプレーなどで落球しないためのコツと練習方法、更には正しい防具の付け方も分かるので、この機会にしっかり学びましょう。

 

タッチプレーで絶対に落球しない為の方法とは?

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる