低め キャッチング 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

低めのキャッチング

低めのキャッチングが上手く出来ていますか?
今の野球のピッチャーはストレートにしても変化球でも、低めにボールを集めてバッターを打ち取るのが必須になってきていますね。

 

 

中でも気をつけたいのが、低めの変化球です。
というのも、思わず腕を伸ばして前でキャッチングしようとする傾向が強いからです。

 

 

こうなると体も前に突っ込んで、捕球の体勢が不安定になってしまい、捕ったところからミットが下に落ちて本来ストライクになるはずがボールと判定されてしまう恐れがあるのです。
何より、姿勢も悪くなっているので次の動作に移れませんよね。

 

 

ボールは待っていてもくるので、自分から腕を伸ばして捕球に行くのは良くありません。
そんな時でも、腕や体が前に行かにように、ボールを引きつけて捕球するように心掛けることが大切です。

 

 

そんな低めのボールのキャッチングの感覚を身につける練習とては、地面に置いたボールをつまむような捕り方で行うことです。
やり方は、捕球する位置の地面にボールを置き、これをミットでつまみ、下から上へとミットを引き上げることを繰り返し行うと良いです。

 

 

特に金属バットを使う場合なら、芯から多少外れたりパワーがなくてもボールが比較的に飛びやすいので、低めの捕球がしっかり出来れば、ピッチャーの良さを上手く引き出すこともでき、助けることにもなるでしょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、身体の動きの仕組みを説明した上で捕球しやすいミットの構えや止め方などがを具体的に解説してあるので、低めのボールもピッチャーが有利になるようなキャッチングが出来るようになる為の参考になるでしょう。

 

プロが実践するキャッチングをお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる