捕球しにくい打者の構え 対処 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

捕球しにくい打者の構えと対処法

キャッチャーにとって、捕球しにくい打者の構えでバントがありますね。
実際にプロ野球のキャッチャーでも、打者がバントの構えをすると、ボールとバットが重なってしまい、一瞬打球を見失ってしまうことがあります。

 

 

打者がバントをしていないのにキャッチャーが後逸してしまうのは、殆どの場合はこのケースで、そうなるとランナーに次の塁に進塁されてしまいますよね。
その為、このような打者がバントの構えをしてバットとボールが重なった場合は、バットの下から見るようにするのがコツです。

 

 

これが対処法とも言えます。
上から見るとどうしてもボールを見失ないやすいので、このようにするわけです。
これは、プロ野球では下に潜り込むと良く言われ、ストレートよりも特に変化球では完全に消えてしまう危険が高くなります。

 

 

また、一塁ランナーの盗塁を助ける為に、ミットの近くまでバントの構えをしてやめる選手がいますが、これがキャッチャーが捕球する際には一番嫌な動作でしょう。
この他にも、捕球しにくい打者の構えには、バントの構えからヒッティングに切り替えたり、セーフティーバントでベースの前に出てくる場合などもありますね。

 

 

いずれにしても、バントの構えをされたら下からボールを見るようにし、バットにボールが当たるまでは目を離さないようにしましょう。
このように対処すれば、後逸してランナーを無駄に進塁させてしまうことも減りますし、バント処理もそれだけ早く出来るようになれるでしょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、バント処理に自信をつけるためのとっておきの練習方法から、直球はもちろん、変化球でも柔軟に確実にミットに収められる捕球技術を身につけることが出来ます。

 

落球しない安定した捕球の習得に必要なこととは?

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる