ワンステップスロー 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーのワンステップスロー

ワンステップスローがしっかり出来ていますか?
例えば、中学生の野球のキャッチャーなどに多く見られますが、練習では普通に二塁送球が届くのに、試合になるといつもワンバウンドになってしまうという選手も少なくありませんね。

 

 

練習できちんとスローイングの基本さえ身につけていればさほど心配することはないかもしれませんが、そうなる原因は練習と試合の違いからきています。
試合になると、相手のペースに合わせなくてはいけない為、自分のペースが崩れることで、練習でのいつもの動きが出来なくなるのです。

 

 

本来ならやらなくてはいけないステップをやっていないなど、それがミスに繋がるんですね。
技術的には、早く投げなければいけないという意識から、ステップの時に足がついてきておらず、体が先に出てしまっていることが考えれます。

 

 

そうなると下半身の力が上手く手に伝わらなくなるので、いわゆる手投げになってしまうんですね。
これでは力強い送球が出来ず、ワンバウンドなど、二塁に送球が届かなくなるのも無理はないでしょう。

 

 

その為、キャッチャーは練習の時から、基本的なワンステップスローできちんと投げることを体に癖をつけておくことが大切ですね。
その上で、強いボールを投げることを意識することが大切です。

 

 

いずれにしても、キャッチャー練習がチームで出来るというのは少ないので、上手くなりたいなら自宅で一人で出来る基本のワンステップの練習を繰り返し行い、どんな場面でも出来るようにしておくことが欠かせないでしょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、ステップのコツから一人で出来る練習方法、試合での応用など、映像でしっかり学べますので、送球が安定しない方は超必見です。

 

1人で出来るキャッチャーステップの練習をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる