送りバント 2塁送球の仕方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

送りバントでの2塁送球の仕方

ランナーが一塁の場面で相手が送りバントをしてきた場合、二塁でアウトにするとしないとでは、その後の展開が大きく違ってきますね。
その為、バント処理での二塁送球は相手の攻撃のチャンスを摘み取るプレーとも言えます。

 

 

ですが、一塁走者の進塁を楽にさせたり、バント処理が下手で相手にチャンスを与えてしまうという悩みがある選手や指導者の方も少なくないでしょう。
そして、相手が送りバントして二塁送球する時は、キャッチャーはそのまま前に出て捕球をして送球するという流れになります。

 

 

この時の2塁送球の仕方のコツは、ボールを捕球する為に前に飛びだした勢いを弱めることなく、そのままの流れでスムーズに二塁送球に繋げることです。

 

 

その為には、体を横にして左足の前で捕球することです。そうすることで、勢いを殺すことなく送球までスムーズな動きができ、速く2塁送球が出来るようになれます。
一方、右足の前だと後ろで捕球するようになり、体のバランスが悪くなり投げにくいですし、体の中心でボールを取ってしまうと送球動作が遅れてしまいます。

 

 

また、バントの打球は、土や天然芝、人工芝などグランドの状態によっても転がり方が変わってくるので、練習でもイメージしながらやるとといいですね。
いずれにしても、バントの処理は、ランナーがいる位置によって送球などの仕方が変わってきますが、重要なのはファインプレーではなく確実に行う安定感がキャッチャーには不可欠でしょう。

 

 

この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、確実なバント処理が出来るように、ランナーの位置によってそれぞれの対処の方法の基本から応用まで映像で分かりやすく学べるので、この機会にしっかり取り組めば、相手のチャンスを事前に摘み取り、試合に勝てる守備の要になることが出来るでしょう。

 

バント処理に自信をつけるためのとっておきの練習方法をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる