一塁 牽制の投げ方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

一塁への牽制の投げ方

一塁への牽制が上手く出来ていますか?
まずは、隙がないプロの一塁への牽制の投げ方の動画を見て下さい。↓↓

 

 

 

牽制は投手だけではなく、一塁ランナーのリードが大きかったらすかさずキャッチャーも牽制球を投げるべきですね。
ですが、悪送球になると、やすやすと二塁への進塁を許してしまうようになるので、一塁手と連係をとって投げることが大切です。
また、一塁はキャッチャーにとって逆モーションになるので、もたついていたらランナーに気づかれてしまいます。

 

 

その為、素早いフットワークと上半身の切り返しが必要になります。
そんな一塁への牽制の投げ方は、動画にもあるように、あらかじめ引いてある右足のつま先を開いて投球をしっかりキャッチをしたら、捕球と同時に右足と左足のかかとも浮かせ、体を反転させながらミットを右肩まで引き上げます。

 

 

そして右足を一塁方向に直角に向くように後方にステップさせながら、右手でボールを握って、左肩を一塁方向に向け、左足を一塁方向に真っ直ぐにステップして、素早く一塁に牽制球を投げます。
以上が一連の素早い一塁への牽制の投げ方です。

 

 

どちらにしても肩の強さと送球のコントロールだけでランナーの盗塁を減らせると思ったら大間違いです。
いつでもランナーのリードが大きいようなら牽制するというように、相手に隙を見せず、常に正しいポジションとフォームに努めることが重要です。

 

 

この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、更に、バッターの影を利用するランナーに見破られない牽制の投げ方も学べ、マスターすれば試合に負けない為の大きな武器になるでしょう。

 

ランナーが盗塁しにくいキャッチャーの技術をお教えします!

文章では分かりづらいことも映像ならバッチリ!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる