本塁 クロスプレー 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

本塁でのクロスプレー

キャッチャーの本塁でのクロスプレーはどのようにしていますか?
基本的にはランナーがスライディングして滑り込んできた場合なら、左足を立て、レガースでカバーされている部分を正面にします。

 

 

そして、その左足でランナーをブロックして受けとめ、右足は自分の体を支えながらタッチするのが一連の本塁でのクロスプレーのキャッチャーの動作です。

 

 

また、この時に右足を寝かせますが、膝を地面に着けるかどうかは、自分のやりやうようにして構いません。
ですが、反対に左足を寝かせてしまうと、ランナーに回り込まれてしまうと、直ぐに立ちあがることが出来なくなるので必ず立てるようにしましょう。

 

 

そんなキャッチャーの本塁でのクロスプレーのやり方は、ライト方面からバックホームを受けてランナーにタッチする場合なら、右打席の位置に立って送球がくるのを待ち、捕球と同時に素早く振り向き、その勢いを利用してそのままランナーにタッチします。

 

 

センター方面からの場合なら、ホームプレートをまたいで送球を待ち、捕球と同時に左方向に倒れ込み、その勢いのままランナーにタッチ。
レフト方向からの場合は、ホームプレートの左半分を空けて送球を待ち、捕球と同時に左前にしゃがみ込み、その勢いでランナーにタッチします。

 

 

以上が各方向からのバックホームを受けてランナーにタッチする本塁でのクロスプレーのやり方ですが、気をつけなければいけないのは、ホームプレートを隠してはいけないということです。
必ずホームプレートの一部を空けて立つようにしましょう。

 

 

この時には、ぶっかってくる勢いで走り込んでくるランナーに対して恐怖心を取り除く意味でも、キャッチャーはマスクをしたままでも構いません。
何より一瞬を争う本塁でのクロスプレーは、マスクを外すことに神経を使う事より、プレーに集中することのほうが大切でしょう。

 

 

なお、回りこんできたランナーには、通常のブロックではダメです。
普段と同じ対応では相手の思惑通り回り込まれてセーフになってしまいます。

 

 

この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、本塁でのクロスプレーでのポジショニングの注意点やコツなどが分かりやすく映像で解説してあります。

アウトにする確率を上げる方法がしっかり学べるので、試合に勝てるチームから信頼されるキャッチャーになれるでしょう。

 

得点を防ぐ、本塁でのクロスプレー時の正しい動作をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる