インコース 送球 ステップ 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

インコースの投球を速く送球するステップの仕方

アウトコースやインコースの送球方法の違いをご存じですか?
例えば、右バッターの真ん中からアウトコース寄りの投球を二塁へ送球(スローイング)する場合は、右足を斜め前にステップして送球する基本どおりに行えば良いですね。

 

 

しかしながら、インコースの投球を二塁へ送球する場合は、基本どおりに行っては送球が遅くなってしまいます。
その為、インコースの投球を速く送球するには、左足の後ろに右足を小さくステップして、そこから左足を真っ直ぐに2塁方向にステップして投げたほうが速く送球が出来ます。

 

 

二塁への送球は、モーションを速くするのはもちろんですが、上体だけでスローイングするのではなく、ステップの仕方が大事なんです。

 

 

また、軟式ボールを使う少年野球のキャッチャーで、もしミットから右手にボールを握る際に、上手く人差し指と中指が縫い目模様に掛かっていない場合は、そこからボールを握り返していてはタイミング的に間に合いません。

 

 

硬球と違って軟式ボールの場合はそれほど縫い目模様にこだわらなくても、あまりスッポ抜けることが少ないので、そのまま送球しましょう。
いずれにしても、アウトコース、インコース投球方法の違いは、送球でのステップ足の使い分け次第で速く送球することが出来るようになるのです。

 

 

なお、打者の立ち位置も考える必要があり、少し難しい点もありますが、この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、ミットの構え方、キャッチの仕方からスローイングの時の足の運びなどの応用的なことも、実践を交えて分かりやすく映像で解説してあります。

 

これを身につければ、理想的なスローイングができ、ランナーを刺せる確率がグッと高くなるでしょう。

 

誰も教えてこなかった、アウトコース、インコースの送球方法の違いをお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる