捕球 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

試合で生きるキャッチャーの捕球のコツ

捕球が上手く出来ていますか?
野球のキャッチャーは、投球を確実にミットに収めることが必要絶対条件であり、ピッチャーの投げたボールの威力に決してミットが負けてはいけなせん。

 

 

そんなキャッチャーの捕球のコツとしては、肘を膝の上に出して、ミットを体から離して、体重を両膝で支えてボールの威力に負けないようにします。
手はもちろんですが、手首も柔軟に保つようにして、どんなボールにも対応出来るようにしておかなければいけません。

 

 

捕球のコツとしては、腕は体から離しますが、伸ばしきらずにある程度余裕を持っておく必要があり、捕球の瞬間にミットが流れたりと、ぶれないように、腕と手のひらでしっかりとボールを受けるようにすることが大切です。

 

 

捕ってからミットが流れない、いわゆるミットを止めて捕球する技術は、あまり指導されませんが重要な技術で、ミットが流れてしまっては、本来ストライクの球がボール判定されてしまう確率が高くなります。

 

 

更に、ストライクのボールを捕球するだけではなく、わずかにストライクゾーンから外れた投球をストライクに見せることもキャッチャーの技術でしょう。
体を微妙にボールの方向に動かしたり、わずかに手首を返してストライクゾーンに近づけるなど、さりげない自然な動作をすることも必要ですね。

 

 

ですが、腕を極端にストライクゾーンへ持ってくるなどすれば、逆に審判に不信感を与えてしまうので注意が必要です。
キャッチャーの中には、判定をする審判に、自分では気づかずに嫌われてしまう捕手もいますが、当然、判定にも影響が出てチームは損をします。

 

 

どちらにしても、キャッチャーの捕球というのは、試合の勝敗に大きく影響してくるので、確かな技術を習得するようにしましょう。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、試合で生きる審判に嫌われない捕球のコツから、直球であれ変化球であっても確実に捕球出来る技術が学べ、失点を確実に減らせ、チームから絶大な信頼を得られる捕手になることが出来るでしょう。

 

失点を減らせる捕球のコツをお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる