スクイズ対策 配球 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

スクイズ対策の配球

スクイズ対策の配球はどのようにしていますか?
キャッチャーは、ノーアウトやワンアウトでランナーが三塁にいる場面ではスクイズにも警戒する必要がありますよね。

 

 

そして、まずはスクイズをやってくるのか、それともヒッッティングでくるのか見極めないといけないので、その際の配球はとても難しいものです。
そこで、こうした場面でスクイズがあるかもしれないと思ったら、バッターや相手のベンチ、キャッチャーを十分に観察すうることが大切です。

 

 

例えば、相手チームの監督のサインが長かったり、サインを出す動きがゆっくりな場合や、ランナーもそのサインを見るのが長く、その後に急にそわそわしだして落ち着きがなくなったり、バッターもスタンスを変えてピッチャー側にたったりしてくるなどしたら、スクイズが疑わしいでしょう。

 

 

また、ピッチャーが牽制球を投げてバッターの動きやランナーの動きを見るのも有効です。
牽制球に対してランナーが慌てて塁に戻ろうとしたり、バッターが足の位置を一瞬動かしたりするようなら、スクイズの可能性が高いと考えられますね。

 

 

その後、再度相手の監督のサインの出し方を見ましょう。
当然、相手監督もキャッチャーにじっと見られるのは嫌なものです。

 

 

そして、良くスクイズが分かったらボールを外せと言われますが、外してばかりいたらボールカウントがますます不利になってきて、ストライクを取りにいったところをスクイズを決められたり、大きく外しすぎて暴投になって3塁ランナーをホームインさせたりしてしまうことにもなりかねません。

 

 

その為、配球ではインコース高めのストレートか、アウトコース低めの変化球を投げるのが最も無難でしょう。
インコースはバッターの体が早く開くのでファールや空振りも取りやすいですし、インコース高めを投げてからアウトコース低めに変化球を投げれば、いわゆる手打ちになってポップフライになりやすいからです。

 

 

いずれにしても、スクイズを見破る技術は一朝一夕に身につくものではありませんが、良いバントをさせない為に対処すべき鉄則ががあります。

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、それと合わせてバント後のフィールディングの注意点もしっかり映像で学ぶことができ、実戦で大いに役に立つでしょう。

 

失点回避のための、スクイズバントの対処法をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる