敬遠の構え方 ルール 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーの敬遠の構え方とルール

敬遠の構え方がしっかり出来ていますか?
野球でピンチの場面で強打者を迎えた時や満塁策などをとる時には、キャッチャーは敬遠の指示を出すことがありますね。

 

 

ですが、投げた敬遠のボールをヒットやホームランにされた例もあるように、中途半端にバッターが届く位置にミットを構えてしまうと、ピッチャーのコントロールミスを誘い、思わぬ大量失点に繋がることもあります。

 

 

特に、良いバッターほど投手の失投を見逃さないものです。
その為、例えば右打者なら右サイド、左打者なら左サイドというように、しっかりとしたピッチャーの投げ込む目標を作ることが大切です。

 

 

そして、キャッチャーの敬遠の構え方としては、捕球に備えて両足をほどよく開き、ミットの高さの目安は目の高さくらいにしておきます。また、敬遠でのルールにあるように、ピッチャーが投球するまではキャッチャーボックスから出たらボークを取られてしまいます。

 

 

したがって、ピッチャーの手からボールが離れるまでは、ボックスのぎりぎりのところに足をかけておきましょう。
なお、敬遠時の構え方や盗塁阻止のスローイングと合わせて各塁の牽制をマスターしておくことも良いキャッチャーの条件です。

 

 

投手が敬遠気味に打者のバットの届かない外角にボールを投げたピッチドアウトの体勢からサードやファーストに素早く送球したり、座って捕球した状態から軽快なフットワークを使っていちはやく送球する練習をしておくことも必要不可欠でしょう。

 

 

プロが実践している練習方法をお教えします!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる