盗塁阻止 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

盗塁阻止のコツ

あなたの盗塁阻止率は高い方ですか?
足の速いランナーの盗塁を阻止することはキャッチャーにとって醍醐味であり、大きな喜びですよね。

 

 

盗塁阻止率を高めるには、ピッチャーのボールを捕球後に素早くボールがわたるスローイングはもちろんのこと、ランナーの動きをを読んだり、癖を見極めることも必要です。
更に、ピッチアウトをしてより確実にアウトを取る方法もあります。

 

 

これは、ランナーがいる状況でキャッチャーが捕球後に素早く送球できるように低めの球は避けて、高めにボールをはずして送球しやすくしたりする、言わばバッテリーの戦術です。
盗塁を刺す以外にも、スクイズやヒットエンドランなどを阻止する際には、打者のバットが届かない外角に投げるなども良くありますよね。

 

 

そして、盗塁阻止のコツとしては、ミットの芯で捕球した後にミットを素早く右肩の方に引きながらボールを握り、同時に素早いフットワークを行います。
フットワークには、右足を動かさないワンステップスロー、右足を前方に15センチ前後ほどステップするツーステップスロー、更に跳び上がるようにして体を90度回転させるジャンプピポットなどのやり方があります。

 

 

そして、腰の回転にリードされて、右腕が肘を曲げたまま後ろに引かれ、左足は投げる方向に向かって真っ直ぐにステップし、右肘を高く保った状態でオーバーハンドでスローイングに移ります。(この時の左足のステップは短め)

 

 

いずれにしても盗塁阻止率の高い良いキャッチャーというのは、頭と肩(素早く投げるスローイング)などを駆使して盗塁阻止をし、相手にプレッシャーを与え、失点を最小限に抑えることが出来ます。
キャッチャー特有のスローイングは、反復練習で習得が出来ますが、小学生や中学生のジュニアの捕手は「不器用で動きがぎこちない・・」という悩みも多いものです。

 

 

ですがそのような悩みも、この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、腕の使い方から動き出しのフットワークまで、プロが実践している練習方法やコツを知ることで、短期間で劇的に上達することも十分に可能です。

 

理想的な捕手のスローイングをジュニアに習得させるには?

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる