サインの出し方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

サインの出し方のコツ

相手に見破られないようにサインを出すことが出来ていますか?
キャッチャーのサインの出し方で重要なのは、相手チームに見破られないようにして、尚且つ味方のピッチャーやセカンド、ショートなどの野手にサインが分かるような構えや体勢を作ることですね。

 

 

例えば、相手の一塁コーチに見破られないようにするには、ピッチャーよりに右ひざを少し向け、その内側でサインを出すように構えるのがコツです。
ですが、太ももよりも下から指を出してサインを送ると、相手から見えて見破られやすくなります。

 

 

また、3塁コーチに見破られないようにするには、キャッチャーミットを左ひざの前に伸ばしてサインを隠すと良いですね。
そして、膝よりもお尻が下にくるように構えると相手チームからは見えません。

 

 

そして、相手に見破られないようにサインを出すのと同時に、如何に味方にはっきりと分かるようにサインを出すことが大事です。特にサインが複雑になればなるほど勘違いも多くなってくるものです。
その為、指の動きが小さくならないようにすることも大切です。

 

 

例えば、球種を示すサインとしては、指一本がストレート、2本がカーブ、3本がフォークボールといった具合に、バッテリー間で何番目に出したサインが本当のサインなのかを決めておきましょう。
また、コースは小指を使って示すなどすれば、右バッターのアウトコース、もしくは左バッターのインコースの要求のサインにすれば分かりやすいでしょう。

 

 

しずれにしても、上手いキャッチャーになってくると、投手のサイン違いも加味して備えているものです。
まずは、ピッチャーと野手としっかりサインの確認をしましよう。
そして、普段の練習から相手にサインを見破られない構えや体勢が出来ているか、チームメイトに確認してもらいましょう。

 

 

プロだから教えられるコツや練習法が満載!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる