技術力の大切さ 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーの技術力の大切さ

キャッチャーは、他のポジションに比べ技術はもちろんのこと、様々なものが求められますね。
例えば、ピッチャーとのコミュニケーションだったり、バッターの観察、その時々の状況による適切な判断力や洞察力、そして指示など数多くの役割をこなさなければいけません。

 

 

そして、これらの中でも一番大切なものは何かと考えた時に、やはり技術力の高さではないでしょうか。
いくら他の役割が出来たからといって、捕球や送球などの技術力が伴わないと、チーム全体からの信頼は得ることはできないからです。

 

 

ピッチャーのどんな難しいボールでもしっかり捕ってミットで止めるといことが出来れば、ピッチャーもこのキャッチャーに投げたいと思わせることが出来ますし、チームからも「こいつに任せておけば大丈夫」という気になってくるものです。

 

 

つまり、いくらゴタクを並べても技術力を高めないことには、チームから信頼を得られないということです。
特に、高校野球などである程度のレベルに達してくると、投手と仲良くすることばかり考えているキャッチャーがいますが、それでは信頼を結局は勝ち取ることが出来ません。

 

 

言いかえれば、ある程度レベルが上がってきたなら尚更、技術の向上を怠ってはいけないという事です。
何より捕る投げるというキャッチャーの基本技術というのは、時に劇的に短期間で上達することがあります。

 

 

ですが、指導者の多くは、長く厳しい練習こそが上達の近道と考えています。
もちろん、そうした長く厳しい練習をすることは体力などを養う上で大切で上達には欠かせないでしょうが、それだけではダメです。

 

 

それにプラスして、コツを自分なりに見つけることで劇的に上達するものです。
何も考えずに、闇雲に長時間厳しい練習をしたとしても、間違って努力をしてしまっていることだってあるわけです。

 

 

いずれにしても技術の進歩と言うのは、長時間の練習で得られるものではなく、何かのきっかけで飛躍的に上達するものであり、キャッチャーの技術の上達は、コツを知ることに掛かっていると言えるでしょう。

 

 

プロだから教えられるコツや練習法が満載!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる