ランナーがいない時の構え方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ランナーがいない時の構え方

試合の時にランナーがいない時にはどのように構えていますか?
キャッチャーの構え方は、様々なことが言われていますが、ランナーがいない時は、左膝を地面に着けて構えるようにしたほうが良いでしょう。

 

 

何故なら、両肘を立てて構えると右打者のインコースにボールが来た際に、左膝が邪魔になってパスボールをしやすくなるからです。
その為、地面に左膝を着けてボールを捕球するようにした方が、左手の肘が右打者の内側へ通りやすくなって、可動範囲も広がり捕りやすくなるのです。

 

 

また、右バッターの内角(インサイド)は、ミットを左側に反転させることを出来るだけしないようにしましょう。反転させてしまうと、ストライクがボールになってしまいます。

 

 

更に、捕球する際にキャッチャーミットを前に押し出す人もいますが、あまり良いとは言えません。野球において審判の判定は非常に重要なので、しっかりボールを見てもらうことや、ミットが上から被っていまうことを避ける上でもしない方が良いです。判定をする審判に嫌われてしまっては間違いなく損をします。

 

 

多くの方はストライク判定を増やすのに、ボール球はストライクゾーンにミットを素早く動かすことをしているでしょうが、これはプロから言わせれば、一昔前の古いやり方です。
正しい捕球をすれば、それだけでストライク判定を増やすことができるのです。

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、長年、プロ野球に1軍選手として活躍してきたプロならではの、ストライク判定を増やすコツが分かります。

 

審判に嫌われない捕球のコツをこっそり教えます。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる