ランダウンプレー 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーのランダウンプレー

キャッチャーもランダウンプレーへの参加も欠かせませんね。
試合中に狭殺プレーになる機会は多くあります。

 

 

例えば、けん制球でランナーが挟まれたり、外野からのバックホームのカットで挟まれたりと様々なケースがあります。
そして、ランダウンプレーの基本は、若い塁に追い込むことが基本です。

 

 

キャッチャーなら、2、3塁間にランナーが挟まれたケースでは、3塁手のカバーに入り、1塁手に本塁のカバーに入るように指示をする必要があります。

 

 

また、ランナーが3塁にいる場合、バックホーム態勢での内野ゴロ等のランダウンプレーはキャッチャーと3塁手で主になって行い、ここでの失敗は即得点に繋がるので、ミスは許されません。
その為、このような場合は、他の内野手の本塁ベースカバーが遅れて間に合わない事も多いので、無理しようとはせずに、多少時間はかかってもいいので確実にランナーをアウトにすることが大切です。

 

 

その他にも、ツーアウトでランナーが1塁にいて、ピッチャーのけん制球に対してランナーが飛び出したケースのランダウンプレーは、キャッチャーは1塁手のベースカバーのフォローとして参加します。
このような時は、ピッチャーも入りますが、優先順位としては先にキャッチャーが入るべきです。

 

 

プロテクターなどの道具をキャッチャーはつけているので、ランダウンプレーへの参加はしない方が良いように思えますが、しっかり参加するかどうかでチームメイトの信頼も変わってくるでしょう。

 

 

このように様々な状況があるので、その時々に応じて迅速に適切に動く為にも、その目的を常に頭に入れて、いかに動かなければいけないのか考えながらプレーをすることが大切です。

 

 

試合に勝てるミスをしないキャッチャーになれる方法!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる