ランナーがいる時の捕球の仕方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ランナーがいる時の捕球の仕方

キャッチャーというポジションは、守備の要とも言われるように、ピッチャーのリードはもとより、チーム全体への指示もしなければいけません。

 

 

そして、ボールの捕球の仕方は、ランナーがいる時と、いない時では変える必要がありますね。
ランナーが塁にいない時には、ピッチャーからのボールを捕球することだけに集中して、楽に構えていいのですが、ランナーがいる時には、少し左足を前に出して、右足を引いて構えるようにします。

 

 

こうすることで、ランナーが盗塁などを狙って走った時にいち早く送球出来るようになります。
また、キャッチャーミットは、指が上を向くように縦に構えるのが基本と言われていますが、最近のプロ野球の捕手を見ていると、親指を下に向け横に構えるキャッチャーも増えてきています。

 

 

いずれにしても、両手で捕球することを習慣にすることが大切です。
例えば、ボールが高めならミットは上から下に被せるようにし、左右は真ん中に包むように、低めなら下から上に捕球するようにしましょう。

 

 

また、ピッチャーが気分よく投げられるようにしたり、相手からボールが走っているように見せる為にも、捕球する時にミットを少し押し出すようにすると、ボールがミットに入った時に、「パーン」といい音が鳴リ響くので、行うようにしてみると良いでしょう。

 

 

ランナーが盗塁しにくいキャッチャーの技術とは?

強肩と二塁へのコントロールだけではありません。

牽制は投手だけのものでなく捕手にもできます。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる