一塁・三塁への送球 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

一塁・三塁への送球

一塁や三塁への送球が上手く出来ていますか?
キャッチャーが一塁への送球を行う場合は、ランナーを誘いけんせい球でアウトにする時などがありますね。

 

 

ランナーが一塁にいる場合に、実際にやってみると思ったより引っかかってくれることがあります。その為、普段から練習をするようにした方が試合でも上手くいきやすくなるでしょう。

 

 

一塁にランナーがいる場合は、盗塁などに備えて右足をあらかじめ引いて構えることが多いので、この体勢からなら、一塁に向けて左足を出して送球するだけなので比較的に楽に投げることが出来ます。

 

 

送球する際には、ステップを踏まなくて投げてもいいのですが、ステップを小さくでもした方が勢いのある速い球が投げられるものです。自分の肩の強さなど考えやりやすいようにすれば良いと思います。
一方の三塁への送球する場合は、二塁走者が三盗を狙ってきた時などに素早く三塁に送球しなければいけませんね。

 

 

三塁への送球は、二塁に投げるよりも距離も近いので、盗塁を刺すのも比較的簡単と思う人もいるかも知れませんが、ピッチャーの投球モーションを盗まれていることも多いのでやってみると結構難しいものです。

 

 

そして、サードへの送球は、他の塁へ投げるのとは違いボールを捕ったら右足を後ろにまず引くようにし、その右足を軸にして左足を前にステップして投げるようにすると良いでしょう。
こうすることで打者が右バッターでも、スムーズに素早く三塁へ送球ができるようになります。

 

 

また、ボールがアウトコースにきた場合は、無理にバッターの後ろに回り込もうとすると送球が遅くなるので、1塁側のバッターボックスに入るようにして、バッターの前から投げるようにすると良いでしょう。

 

 

なお、ステッ プをスムーズにするには個人の練習がかかせません。

 

 

この野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、現役時代にプロで活躍した定詰さんがやっていた1人で出来るキャッチャーステップの練習方法が分かります。

 

効果的な練習法やコツが分かります!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる