セカンドまで投げる技術 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

セカンドまで投げる技術

キャッチャーが2塁盗塁を阻止するには、肩の強さが必要だと思っていませんか?

 

 

実は、キャッチャーのセカンドまで投げる技術でカバーが出来るんです。むしろ、こちらの方が重要なんです。肩の強さは、ある程度は捕手には必要ですが、何も遠くまで投げられる遠投力が必要ではありません。

 

 

遠投で遠くまでボールを投げる為には、大きなモーションで投げるようになり、実際の試合では通用しません。

 

 

例えばランナーが一塁にいるなら、二塁盗塁を阻止すための本塁からセカンドまでのダイヤモンド内での距離で、いかに低く早い球を正確に投げられるかどうかです。
したがって走者をアウトにできる為の目線の高さのスロイングが必要になります。

 

 

その為には、キャッチボールなどで、色々な投げ方をしてスロイングのコツを掴むことが大切です。
肩の強さは、どうしても生まれつきのものもありますので、それを求めて練習してもキャッチャーとしての伸びしろは少ないものです。

 

 

それよりは、ボールを捕ってからの送球するまでの早さであったり、低い球でランナーを刺すことができるコントロールを身につけるようにした方が、これからの捕手としての伸びしろが大きくなりますし、こちらの方が大切です。

 

 

これは、天性の肩の強さは必要ではなく、誰でも意識して練習すれば磨いていけるものです。
実際にセカンドまでのボールがベースよりずれれば、それだけ野手の走者へのタッチが遅れるので、肩の強い弱いでの二塁までのボールの到達時間より、ボールがそれた時のロスの方が大きいです。

 

 

ですので、捕球から送球までのスピードやコントロールを良くして正確に投げられるようになった方が、ランナーをよりアウトにすることが出来ます。

 

 

また、二塁への走塁を阻止するには、投手の協力が欠かせませんね。その為には、ピッチヤーにクイックで上手く投げられるようになってもらう必要もあります。

 

 

実際にランナーが二塁に盗塁す為に掛かる時間は、平均して3.5秒前後と言われているので、どれだけ捕手が頑張って素早い送球をしても、ランナーをさすことは出来ません。したがって、バッテリーが協力して、ランナーアウトにする為のトータルの時間短縮をすることが重要です。

 

 

ランナーをアウトにするにはキャッチ後に素早くトップまでもっていき、取ってからセカンドまでに2秒切る、できれば1.8秒で投げる技術が必要になります。これは小学生には難しいかもしれませんが、知識だけでも入れると良いです。

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、プロで培ったその知識と技術が学べます!

 

キャッチ後に1.8秒でセカンドまで投げる技術とは?

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる