フォースプレー 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

フォースプレー

ホームでのフォースプレーの時は、あなたは右か左のどちらの足でベースを踏んでいますか?

 

 

フォースプレイは、ランナーが前の塁に戻ることができない時、つまり、ランナーが詰まっていて進まなければならない時はベースを踏んでランナーをアウトにすることが出来ることですね。

 

 

そして、捕手はボールをキャッチしたら素早く踏むことが大切ですが、右足で踏むか、それとも左足で踏むかは個人の自由でやりやすい法で構いません。

 

 

ですが、私の考えとしては右足がやりやすいように思います。何故なら、右足でベースを踏んだ方が次の送球に入りやすく、一歩目が早く踏み出せます。

 

 

ですが、サードからの返球だけは左足でベース踏むのが良いように思います。
サードからのボールを受け、右足で踏むとそれだけ次の送球に時間がかかってしまうからです。
ですので、サードゴロ以外は右足で踏むほうが良いように感じています。

 

 

ただ、ベースを踏むことは人によってやりやすい方があると思うので、右と左の両方を試してみて、やりやすいほうにすれば良いでしょう。

 

 

大事なのは、慌てずに確実にバックホームの返球を確実にキャッチして、アウトをまず一つとることです。
ダブルプレーやトリプルプレーはあくまで結果です。
そして、次に投げる動作に入る際には、素早く右足をしっかり出して送球体勢に入るようにします。
送球時も、ベースの外で体制を作れば投げる際に引っかかることもありません。

 

 

また、スローイングの基本はベース上に投げることですが、送球の目安としてはフォースプレーなら野手の腰あたりに投げるようにし、タッチプレーならそれよりもやや低めになるように投げると良いでしょう。
なお、1塁に投げる時は送球がランナーと交差しないように注意する必要があります。

 

 

この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDを見れば、少年野球の選手や野球未経験のお父さんでも効果的な練習法が分かり、お子さんにアドバイスが出来るようになります。

 

ミスをしないで守備の要になり、試合に勝てるキャッチャーになれる方法!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる