カットの指示 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

カットの指示

キャッチャーは、他の選手に試合で起こる様々なプレーに的確な指示を与えることも大切な役割のひとつですね。

 

 

中でも、カットプレーでは遠くに野手がいるので大きな声で正確に伝わるようにしなければいけません。
一般には、送球をカットをして欲しい場合は、「カット」と言い、カットしてホームに投げて欲しい時は「ホーム」、スルーしてそのまま送球して欲しい場合は「ノーカット」と聞こえるように声を出します。

 

 

また、カットマンの入る位置も的確に指示を出します。
ラインから外れないように「右」「左」と指示を出し、距離も調節する必要があり、「もっと追え」「後ろに(もっと)引け」などと声をかけます。

 

 

もちろんですが、どこに送球を繋ぎ、誰が中継に入るかも支持しなければいけません。
この指示は、当然、送球ではカットマンがとるタイミングで出しても遅く意味がなくなります。外野手が投げた瞬間には出していないといけないので、素早く的確な指示を出します。

 

 

また、応援など歓声で指示がかき消されてしまうこともありますので、ジェスチャーを交えて指示することも大切です。

 

 

バックホームでは、走者の足の速さと外野手の肩の強さなど考慮して、状況に応じてカットの指示を出します。
カットするどうかの基準としては、2バウンド以内ならカットを使わない方が早いです。ですが送球が左右にそれる場合や送球の勢いが弱い場合などは迷わずカットの指示を出しましょう。

 

 

普段の練習から各選手の肩の強さなどの特徴を把握し、頭にいれておくことも必要ですね。

 

 

試合では、様々な状況に対応しなけれいけません。
明らかに間に合わない場合は前に出て送球を捕ったり、クロスプレーなどベース上で待ってタッチアウトを狙わないといけないので、様々なリバウンドのボールに対応もしなければいけません。

 

 

ですので、普段から色々な状況を想定するなどして練習をしておくと良いでしょう。

 

 

チームに上手いキャッチャーが育つDVD!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる