配球の組み立て方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

配球の組み立て方

配球の組み立て方が上手く出来ていますか?

 

 

キャッチャーは、どうやって打者をうちとるのか考えないといけません。
これがいわゆる配球ですね。

 

 

もちろん、考えた通りに上手くいくとは限りませんし、その配球が100%正解とは言えません。
ある程度、理想とする打ち取り方を打者ごとにイメージしながらも、その都度、臨機応変に攻め方を変えることが大切です。

 

 

当然、ピッチャーのコントロールミスや調子が悪い時もあるので、イメージ通りに行かないこともあるでしょう。

 

 

また、打者の信頼できるデーターがあったとしても、それが全てではありません。
相手打者も研究してくるので、打者ごとに必ずこう攻めなければいけないと決めつけるのではなく、多くの対処の引き出しを持つようにすると、その状況に応じて使い分けられます。

 

 

ですが、臨機応変と言っても、具体的にどう配球を決めるのか悩みますよね。
相手打者の打席によっても違ってきますし、特に第1打席は何をバッターが待っているのか分からないものです。

 

 

ですので、配球の基本として初球は、その日のピッチャーの調子を見ながら、その日の一番いいボールを基本に組み立てるのが良いと思います。

 

 

そして、初球を投げてみて初めて相手の反応が分かります。
直球を待っているのか、それとも変化球なのか。

 

 

初球にカーブから入り、相手が見逃したなら、直球を待っているかもと色々と予想が立てられる筈です。
また、どのようにして見逃したのか?も良く打者を観察する必要があるでしょう。

 

 

それを踏まえて次のボールを考えますが、選択肢としては、相手が狙っている可能性のあるボールを投げさせて打ち損じを狙うのか、それとも裏をかいて全く違うボールで攻めるのかなど、コースも含め色々考えられますね。

 

 

これは、正解というものがないので、バッターとの駆け引きやそれぞれのキャッチャーの感性もあると思います。

 

 

また、打者の反応だけではなく、投手のその日の調子なども考えて配球を決める必要があります。
コントロールが定まっていないようなら、甘いコースに入って打たれる可能性もあるので、打者の狙いとは逆を攻めるなどが良いと判断もつけられるでしょう。

 

 

打たれるのは捕手の責任でもあるのですが、ただ、気をつけないといけないのは、全て自分のせいだと考えると、打たれた原因が分からなくなるので、冷静になって第3者になったつもりで考えることが大切です。

 

 

チームに上手いキャッチャーが育つDVD!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる