試合での技術 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

試合での技術

ここでは、キャッチャーが試合で行うプレーでの技術について見ていきます。
上達の参考になれば幸いです。

試合での技術記事一覧

配球の組み立て方が上手く出来ていますか?キャッチャーは、どうやって打者をうちとるのか考えないといけません。これがいわゆる配球ですね。もちろん、考えた通りに上手くいくとは限りませんし、その配球が100%正解とは言えません。ある程度、理想とする打ち取り方を打者ごとにイメージしながらも、その都度、臨機応変に攻め方を変えることが大切です。当然、ピッチャーのコントロールミスや調子が悪い時もあるので、イメージ...

キャッチャーは、他の選手に試合で起こる様々なプレーに的確な指示を与えることも大切な役割のひとつですね。中でも、カットプレーでは遠くに野手がいるので大きな声で正確に伝わるようにしなければいけません。一般には、送球をカットをして欲しい場合は、「カット」と言い、カットしてホームに投げて欲しい時は「ホーム」、スルーしてそのまま送球して欲しい場合は「ノーカット」と聞こえるように声を出します。また、カットマン...

ホームでのフォースプレーの時は、あなたは右か左のどちらの足でベースを踏んでいますか?フォースプレイは、ランナーが前の塁に戻ることができない時、つまり、ランナーが詰まっていて進まなければならない時はベースを踏んでランナーをアウトにすることが出来ることですね。そして、捕手はボールをキャッチしたら素早く踏むことが大切ですが、右足で踏むか、それとも左足で踏むかは個人の自由でやりやすい法で構いません。ですが...

キャッチャーが2塁盗塁を阻止するには、肩の強さが必要だと思っていませんか?実は、キャッチャーのセカンドまで投げる技術でカバーが出来るんです。むしろ、こちらの方が重要なんです。肩の強さは、ある程度は捕手には必要ですが、何も遠くまで投げられる遠投力が必要ではありません。遠投で遠くまでボールを投げる為には、大きなモーションで投げるようになり、実際の試合では通用しません。例えばランナーが一塁にいるなら、二...

一塁や三塁への送球が上手く出来ていますか?キャッチャーが一塁への送球を行う場合は、ランナーを誘いけんせい球でアウトにする時などがありますね。ランナーが一塁にいる場合に、実際にやってみると思ったより引っかかってくれることがあります。その為、普段から練習をするようにした方が試合でも上手くいきやすくなるでしょう。一塁にランナーがいる場合は、盗塁などに備えて右足をあらかじめ引いて構えることが多いので、この...

キャッチャーというポジションは、守備の要とも言われるように、ピッチャーのリードはもとより、チーム全体への指示もしなければいけません。そして、ボールの捕球の仕方は、ランナーがいる時と、いない時では変える必要がありますね。ランナーが塁にいない時には、ピッチャーからのボールを捕球することだけに集中して、楽に構えていいのですが、ランナーがいる時には、少し左足を前に出して、右足を引いて構えるようにします。こ...

キャッチャーもランダウンプレーへの参加も欠かせませんね。試合中に狭殺プレーになる機会は多くあります。例えば、けん制球でランナーが挟まれたり、外野からのバックホームのカットで挟まれたりと様々なケースがあります。そして、ランダウンプレーの基本は、若い塁に追い込むことが基本です。キャッチャーなら、2、3塁間にランナーが挟まれたケースでは、3塁手のカバーに入り、1塁手に本塁のカバーに入るように指示をする必...

試合の時にランナーがいない時にはどのように構えていますか?キャッチャーの構え方は、様々なことが言われていますが、ランナーがいない時は、左膝を地面に着けて構えるようにしたほうが良いでしょう。何故なら、両肘を立てて構えると右打者のインコースにボールが来た際に、左膝が邪魔になってパスボールをしやすくなるからです。その為、地面に左膝を着けてボールを捕球するようにした方が、左手の肘が右打者の内側へ通りやすく...

キャッチャーは、他のポジションに比べ技術はもちろんのこと、様々なものが求められますね。例えば、ピッチャーとのコミュニケーションだったり、バッターの観察、その時々の状況による適切な判断力や洞察力、そして指示など数多くの役割をこなさなければいけません。そして、これらの中でも一番大切なものは何かと考えた時に、やはり技術力の高さではないでしょうか。いくら他の役割が出来たからといって、捕球や送球などの技術力...

相手に見破られないようにサインを出すことが出来ていますか?キャッチャーのサインの出し方で重要なのは、相手チームに見破られないようにして、尚且つ味方のピッチャーやセカンド、ショートなどの野手にサインが分かるような構えや体勢を作ることですね。例えば、相手の一塁コーチに見破られないようにするには、ピッチャーよりに右ひざを少し向け、その内側でサインを出すように構えるのがコツです。ですが、太ももよりも下から...

あなたの盗塁阻止率は高い方ですか?足の速いランナーの盗塁を阻止することはキャッチャーにとって醍醐味であり、大きな喜びですよね。盗塁阻止率を高めるには、ピッチャーのボールを捕球後に素早くボールがわたるスローイングはもちろんのこと、ランナーの動きをを読んだり、癖を見極めることも必要です。更に、ピッチアウトをしてより確実にアウトを取る方法もあります。これは、ランナーがいる状況でキャッチャーが捕球後に素早...

敬遠の構え方がしっかり出来ていますか?野球でピンチの場面で強打者を迎えた時や満塁策などをとる時には、キャッチャーは敬遠の指示を出すことがありますね。ですが、投げた敬遠のボールをヒットやホームランにされた例もあるように、中途半端にバッターが届く位置にミットを構えてしまうと、ピッチャーのコントロールミスを誘い、思わぬ大量失点に繋がることもあります。特に、良いバッターほど投手の失投を見逃さないものです。...

スクイズ対策の配球はどのようにしていますか?キャッチャーは、ノーアウトやワンアウトでランナーが三塁にいる場面ではスクイズにも警戒する必要がありますよね。そして、まずはスクイズをやってくるのか、それともヒッッティングでくるのか見極めないといけないので、その際の配球はとても難しいものです。そこで、こうした場面でスクイズがあるかもしれないと思ったら、バッターや相手のベンチ、キャッチャーを十分に観察すうる...

捕球が上手く出来ていますか?野球のキャッチャーは、投球を確実にミットに収めることが必要絶対条件であり、ピッチャーの投げたボールの威力に決してミットが負けてはいけなせん。そんなキャッチャーの捕球のコツとしては、肘を膝の上に出して、ミットを体から離して、体重を両膝で支えてボールの威力に負けないようにします。手はもちろんですが、手首も柔軟に保つようにして、どんなボールにも対応出来るようにしておかなければ...

ピッチャーから信頼を得るキャッチャーになることが出来ていますか?もし、そうでないなら、バッテリー間には信頼を得る為の心の対話が必要でしょう。そして、ピッチャーが投球する時には、まずキャッチャーが球種とコースのサインを出しますが、その要求通りに投手が投げればそれでいいのかというと、それだけでは上手くいきません。何故なら、ピッチャーがどうしてその球種をそのコースに投げさせるのかを理解していないと、その...

アウトコースやインコースの送球方法の違いをご存じですか?例えば、右バッターの真ん中からアウトコース寄りの投球を二塁へ送球(スローイング)する場合は、右足を斜め前にステップして送球する基本どおりに行えば良いですね。しかしながら、インコースの投球を二塁へ送球する場合は、基本どおりに行っては送球が遅くなってしまいます。その為、インコースの投球を速く送球するには、左足の後ろに右足を小さくステップして、そこ...

キャッチャーの本塁でのクロスプレーはどのようにしていますか?基本的にはランナーがスライディングして滑り込んできた場合なら、左足を立て、レガースでカバーされている部分を正面にします。そして、その左足でランナーをブロックして受けとめ、右足は自分の体を支えながらタッチするのが一連の本塁でのクロスプレーのキャッチャーの動作です。また、この時に右足を寝かせますが、膝を地面に着けるかどうかは、自分のやりやうよ...

一塁への牽制が上手く出来ていますか?まずは、隙がないプロの一塁への牽制の投げ方の動画を見て下さい。↓↓牽制は投手だけではなく、一塁ランナーのリードが大きかったらすかさずキャッチャーも牽制球を投げるべきですね。ですが、悪送球になると、やすやすと二塁への進塁を許してしまうようになるので、一塁手と連係をとって投げることが大切です。また、一塁はキャッチャーにとって逆モーションになるので、もたついていたらラ...

ランナーが一塁の場面で相手が送りバントをしてきた場合、二塁でアウトにするとしないとでは、その後の展開が大きく違ってきますね。その為、バント処理での二塁送球は相手の攻撃のチャンスを摘み取るプレーとも言えます。ですが、一塁走者の進塁を楽にさせたり、バント処理が下手で相手にチャンスを与えてしまうという悩みがある選手や指導者の方も少なくないでしょう。そして、相手が送りバントして二塁送球する時は、キャッチャ...

ワンステップスローがしっかり出来ていますか?例えば、中学生の野球のキャッチャーなどに多く見られますが、練習では普通に二塁送球が届くのに、試合になるといつもワンバウンドになってしまうという選手も少なくありませんね。練習できちんとスローイングの基本さえ身につけていればさほど心配することはないかもしれませんが、そうなる原因は練習と試合の違いからきています。試合になると、相手のペースに合わせなくてはいけな...

キャッチャーにとって、捕球しにくい打者の構えでバントがありますね。実際にプロ野球のキャッチャーでも、打者がバントの構えをすると、ボールとバットが重なってしまい、一瞬打球を見失ってしまうことがあります。打者がバントをしていないのにキャッチャーが後逸してしまうのは、殆どの場合はこのケースで、そうなるとランナーに次の塁に進塁されてしまいますよね。その為、このような打者がバントの構えをしてバットとボールが...

低めのキャッチングが上手く出来ていますか?今の野球のピッチャーはストレートにしても変化球でも、低めにボールを集めてバッターを打ち取るのが必須になってきていますね。中でも気をつけたいのが、低めの変化球です。というのも、思わず腕を伸ばして前でキャッチングしようとする傾向が強いからです。こうなると体も前に突っ込んで、捕球の体勢が不安定になってしまい、捕ったところからミットが下に落ちて本来ストライクになる...