突き指 防止 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーの突き指防止について

野球のキャッチャーは突き指などの怪我しないように、しっかり防止することが大切ですね。
特に小学生や中学生で、キャッチャーミットでの捕球になれていないうちは突き指などもしやすいので、正しいキャッチングのやり方を身につけることが必要です。

 

 

例えば、良くボールを落としてしまう人に多く見られるは、ミットの芯ではなく手のひらのほうでボール捕ろうとしている人が多くられます。
また、右打者の外角のコースの投球に対して親指を立てたまま、前に出すように捕球してしまうと突き指をしやすいので、ミットは横にしてしっかりと芯で捕球するようにしたほうが良いと思います。

 

 

そうすることで、親指部分も守られ、例えキャッチしそこなったとしても突き指を防止することが出来ます。
したがって、打者が打たないと判断したら、逆シングルのまま前にミットを出して捕球するようにしましょう。

 

 

更に、ショートバウンドは、キャッチャーにとって捕球しずらい投球なので、突き指もそれだけしやすいので注意が必要です。
特に膝をついて捕球する際は、必ず右手は握ったままミットの後ろにやるようにしましょう。

 

 

このように、キャッチャーの突き指は捕球のやり方しだいで防止することが出来ますが、ただ、ミットの型が悪いといくら芯でとっても親指が突き指することもあるので、自分にあったミットを作ることも大切です。

 

 

この定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、身体の動きの仕組みを説明した上で捕球しやすい構え方、ミットの握り方、ワンバウンドの止め方など、突き指を防ぐ正しいキャッチングのやり方が学べます。
更に、防具(プロテクター)の付け方も分かりやすく解説してあるので、怪我を未然に防ぐことにも繋がるでしょう。

 

怪我をしない正しいキャッチング技術が身につけられます!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる