捕球 コツ 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法

MENU

キャッチャーの捕球のコツ

右手をミットの後ろにおいて、両手で捕球をしていませんか?
大切なものを捕る時というのは、誰しも両手を使って捕ろうとするものですが、これは野球のキャッチャーにとって大事なのは言うまでもありません。

 

 

ですが、両手で捕球するというのは、キャッチャーミットの可動範囲を狭くしてしまいます。
実際に、ピッチャーの投球が真正面にばかりくればいいのですが、そうはいきませんよね。

 

 

横に逸れたり、ワンバウンド、高い球など色々あり、それを両手で捕球するという意識が強すぎてしまうと、対応が遅れて捕球ミスをしやすくなってしまうのです。

 

 

その為、両手ではなく片手の捕球を心掛けましょう。
これは怪我を防ぐ上でも大切で、ファールチップなどが体に当たることは良くあることなので、これが指先に当たると突き指はもちろん、骨折などの大怪我に繋がってしまいかねません。

 

 

特に硬式野球は要注意でしょう。
その為、盗塁を警戒しないといけない場合などを除けば、右手は太腿の後ろに隠し、出来るだけ片手で捕るようにするのが捕球のコツです。

 

 

また、少年野球のキャッチャーで、両手で捕ることを子供に覚えさせようとする指導者の方も多いですが、子供の頃から片手でしっかり捕球することを覚えさせるべきでしょう。

 

 

なお、ミットがまだ硬いうちは両手にないと上手く捕球しづらいこともありますが、この元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦監修の野球キャッチャー育成プログラムDVDでは、そのあたりも解説してあるので、これまでより格段に捕球が上手くなり、ピッチャーはもちろん、チームから絶大な信頼を得られる捕手になれるでしょう。

 

捕球のコツをお教えします!

これは上達には欠かせない絶体に押さえておくべきことです。

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる