肩を強くするには!? 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

肩を強くするには!?

キャッチャーが肩を強くするにはどうすればいいのでしょうか?
肩の強さは、生まれもつたものもあるかもしれませんが、練習次第では今より強くすることが出来ます。
一般的に、子供の頃からピッチャーをしているとボールが速くなってくるものですね。

 

 

ですが、それ以外の野手はそれほど速くはなりません。
その違いは何故だか分かりますか?

 

 

それは練習に違いがあるからです。投手は低い球を強く投げる練習をしていますが、野手はしていないからなんですね。

 

 

特に、子供の頃のキャッチャーをしている選手は、二塁までノーバウンド届くように投げようと意識が強いため、山なりのボールを投げることが多いものです。

 

 

ですが、最初の内は二塁にまで届かなくてもいいので、ピッチャーの頭よりほんの少しだけ上を通るような軌道で投げるように練習する方が良いでしょう。

 

 

そうした低めのライナーでボールを投げる練習を繰り返していると、体の成長に伴って、その軌道で二塁までノーバウンドで届くようになってきます。

 

 

実際に山なりのボールを投げるというのは、やり投げのように上に向かって投げるということで、このように投げるシーンと言うのは試合でも殆どないんですね。

 

 

実際に野手のバックホームで投げる時でさえ、肩の2倍くらいの高さでは投げるなと言われるほどです。
その為、肩を強くしようと遠投ばかりしていてもダメです。
肩ならしなどの目的で行うのならいいかもしれませんが、そのような練習ばかりしていると、ライナーで低いところに投げることが出来なくなってしまいます。

 

 

ですので、スローイングの際は体重移動に気を使い、「イチ、ニ、サン」のサンで体重を軸足からもう一方の足に乗せるようにして下半身を使った投げ方を早い段階から覚えるようにすると、体幹を使った投げる癖がつき、怪我もしにくい投げ方にもなります。

 

 

また、通常、野手のスロイングは投手と違って、ボールを捕球してからの時間のない中で投げらなければいけません。その為、肩から腕をしっかり回して投げる余裕がありません。

 

 

そして、以前からキャッチャーに良く言われるのは、弓を引くように投げろというものですが、実際にやってみると思ったより難しいものです。

 

 

そんなこともあり、どちらかというと腕を体の内側に向かっ てひねり、肘をしっかり上げて鞭のようにしなりを効かせて投げるのが正しいです。
この時のポイントとしては、腕をひねった時にボールが後ろ向きになっているようにすることです。

 

 

この上半身の使い方は、出来るだけ早い時期からしっかり覚えておかないとボールを速く、遠くまで投げることが出来なくなります。

 

 

ボールを速く遠くに投げるコツとは!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる