捕球の感覚を養う練習 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

捕球の感覚を養う練習

キャッチャーは、ボールを捕る、投げるという基本的な練習をすることが大切ですね。
これを怠っていると、パスボールなどのミスを起こしてしまうなど、練習での準備不足が直ぐに出てきてしまうポジションです。

 

 

そして、キャッチャーは基礎練習を積み重ねることで上達し、試合でのミスが減ってきます。
ですが、捕手の練習と言うのは、そんなに多くの練習方法があるわけではなく地味な練習が多いものです。

 

 

しかし、上達をしたいなら基本練習を積み上げていくしかありません。
また、キャッチャーミットは、他のグラブと比べても大きい為、色々な部分で捕ることも多く、つかみどころが分かっていない選手も多いものです。

 

 

その為、しっかりとミットの芯で確実に補給するような感覚を身につけないとボールが落ち、その後の送球動作に素早く移れません。
そんな、キヤッチャーに必要な練習としては、素手てボールをとる練習をすると捕球の感覚を養うことが出来ます。

 

 

捕球の感覚を養う練習としては、近くからボールを様々なコースに投げてもらい、手のひらをキヤッチャーミットをしているのと同じように、直角に向けるようにしてボールを素手で捕るようにします。

 

 

素手でボールを上手く扱うことが捕球の基本となりますので、この練習をすることで、受け止めるタイミングやミットでの掴みどころなどの捕球の感覚を養うことが出来ます。
また、捕球後のボールの持ち替えるスピードが速くなるように意識して行うようにすると良いです。

 

 

捕手は、しっかり捕り、投げて走者を刺すことが大きな技術の柱になりますが、捕球や送球の際の形だけ意識してスムーズにできず、目的を達成できなければ意味はありません。

 

 

もちろん、基本が最も動作がスムーズに移れますが、体格や肩の強さにも個人差があり、基本が身についたら自分なりの最もやりやす方法を探すようにした方が良いでしょう。

 

 

キャッチャーに必要な全てを網羅!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる