バント処理 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

バント処理

バント処理が上手く出来ていますか?
バント処理をする場合は、出だしを低い姿勢で飛び出し、ボールに対して最短距離で入り、低い姿勢を保ったまま捕球して投げるようにすると良いです。

 

 

少し低い体勢を保ってボールを捕りにいけば、テンポよくスピードに乗りやすく、ボールから目もそれだけ近くなり、ファンブルなどが少なくなります。

 

 

バント処理の基本は、右利きならボールの左側に入って捕るようにします。
そうすることで、送球までのステップがしやすく早く投げることが出来ます。

 

 

一方で、立ち上がってボールを捕りに行くキャッチャーもいますが、スピードにも乗れず体勢が高くなり、その分ボールとの距離が離れてしまう為、正しい位置で捕球しにくくなります。

 

 

また、走者を意識しすぎて送球を焦ってボールから視線を外してしまうと、顔も上がり上体も上がって捕球地点がズレてボールが手につかなくなる可能性が高くなります。
ですので、まずはボールを確実に捕ることを考える必要があります。

 

 

そして、バントの打球の勢いや方向から、二塁や三塁へ投げられるか?それとも、一塁で確実にアウトにするか判断します。
もし、二塁を見て一瞬でも迷ったら間に合わないので一塁へ送球します。

 

 

ランナーが二塁で送りバントの場合は、三塁が間に合わないと思ったら、素早く一塁に投げます。
三塁線のボールは一塁までの距離が長いので早めの判断が必要です。

 

 

なお、三塁側などにギリギリにボールが転がってタイミングが間一髪の時には、応用として体をボールの右側に入れて反時計周りに回転して遠心力を使って一塁に早いボールを投げる方法もあります。
ですが、これは普段から練習しておかないと暴投になるリスクも高いです。

 

 

バントの処理は、ランナーがいる位置によって仕方が変わってきます。

基本のバンド処理から、応用まで解説!効果的な練習方法とは?

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる