ワンバウンドのとめ方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

ワンバウンドのとめ方

ワンバンを上手く止めることが出来ていますか?

 

 

ワンバウンド、ショートバウンドが上手く止めることが出来なければ、無駄な進塁を走者に与えてしまうほか、ピッチャーからの信頼も失われてしまいますね。

 

 

上手く出来るようになるポイントは、足(膝)の使い方が大切です。
ワンバウンドのボールが来たら腰を浮かさないようにして両膝を素早く地面につけ、ボールの軌道がどうなるのか予測して準備しておくことが大切で、普段から投手の癖なども覚えておくと対処がしやすくなります。

 

 

また、ミットをバウンドに合わせて引いてしまうと股が空いてしまい、一番やってはいけない股の下をボールが抜けてしまいます。
その為、地面に膝をつけると同時にミットも落としてボールが抜けないように防ぐ必要があります。

 

 

ですが、ワンバウンド、ショートバウンドが来た時に一瞬ですが腰を浮かせてしまう人がいますが、股の下からボールが抜けてしまうので、腰を浮かさないで両膝を落とすようにします。
ボールがそれた時には、ベース側に必ず体を入れて、ホームベースの前にボールが落ちるように、顎を引きボールをしっかり見て、肩にグッと力を入れて体を前に傾けるようにします。

 

 

当然、左右に跳ねてくることもあるので、身体の面をベースに向けて最悪の場合でも体に当てて落とします。そうすることで、弾いたボールもベースの前に転がります。
例えば、右打者の内角にワンバウンドが来たら、左ひざを少し前に、外角へのボールに対しては、右ひざを少し前にすることで、体に当たったボールがホームプレート方向に転がるようになります。

 

 

ですが、顎が上がったり、体が伸び上がる、体の面が横を向けてしまうと横にボールを弾いてしまう事が多くなります。
両膝とミットを落としても、顎が上がり胸を反った状態ですと、ボールを外に弾きやすいので注意し、この動作がとっさに出来るように習慣をつけるように練習をすることが大切です。

 

 

なお、高等技術が必要になりますが、ワンバウンドをブロックして止めるのではなく、ある程度リスクを負ってでも捕れると判断した場合に捕ると言う選択肢もあります。

 

 

ワンバウンドが来た時に、ランナーが1塁にいる場合なら、ランナーの多くは2塁に進塁できるかもしれないという心理が働き、ピッチャーが低いボールを投げたと察しただけで、上手い選手になるほど2,3歩前に飛び出してしまうことが多いものです。

 

 

つまり、ショートバウンドを捕って牽制でランナーを刺せる可能性が高くなるということです。この牽制プレイが上手く出来れば、チームメイトの信頼は格段に上がります。

 

 

更に、ショートバウンドの対応の仕方も、サインを出した時点でなりそうなボールというのはある程度わかるものです。低いボールや落ちる球を要求した時などは、常にワンバウンド、ショートバウンドくると想定して、心の準備をしておくと、慌ててボールを後ろの反らすという事も減ってくる筈なので、心の準備をしておくことがショートバウンドを止めるコツとも言えるかもしれません。

 

 

こうして、あらかじめ心の準備をしているのと、していないとではワンバウンドやショートバウンド対応の仕方も違ってきますね。
もちろん、ピッチャーの調子が悪い時は、どこにいくかわからないでしょうが、ワンバンや荒れ球を上手く捕れれば、間違いなくピッチャーからの信頼も上がってきます。

 

 

横にそれたワンバンをとめる方法からランナーがいる場所で、ワンバンを弾く位置をコントロールする方法までワンバンのとめ方のコツが満載!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる