キャッチャーフライの取り方 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーフライの取り方

キャッチャーフライをミットに確実におさめる練習法をご存じですか?

 

 

キャッチャーフライは独特な球の軌道があり、どう対処するかがポイントになります。
その軌道は、ボールが真上に上がることが多く、ほとんど手前側にボールが回転しています。

 

 

その為、野手側で捕ろうとすると、ボールが逃げていき落球しかねません。
ですので、体をバックネット側に正面を向けて捕るようにします。

 

 

また、フライが高く上がると、風などの予期せぬ変化もしますので、落下点に出来るだけ早くに入り、変化しても対応できるようにするのが大切です。

 

 

なお、キャッチャーの多くは、フライが上がると同時に、マスクを投げ捨てますが、そうすると、自分で投げたマスクを踏んだり、つまずいたりして落球する恐れがあります。

 

 

フライが上がった瞬間に慌ててマスクを投げ捨てるのではなく、基本はマスクを外し持ったままボールを追いかけ、落下点に入ってから遠くに投げ捨てるようにしましょう。

 

 

キャッチャーフライの体の位置取りから、ミットに確実におさめる練習法まで解説!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる