キャッチング 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチング

キャッチングは、どのコースにボールがきてもミットの面がしっかり真ん中に向くようにします。

 

 

ミットを下に向けて手首を使いすぎると補給の反応が遅れるので、ピッチャーに対して、ミットの面をしっかり見せ、ボールの勢いに負けないようにすると良いです。

 

 

実際にボールを捕る時には、ミットの芯で捕るようにすればいい音が必ず鳴るので、その日にピッチャーのボールが走ってなくても、ボールが来ているように投手は感じ、ピッチャーを乗せ調子を上げやすくなります。

 

 

ミットの芯というのは親指と人差し指根元の部分で、小学生の腕力や握力がないキャッチャーでもここでしっかり捕れていればボールに押されてミットが流れてしまうことはありません。

 

 

更に、キャッチング時にミットの芯で捕ることで、ボールが握り損ねたりすることも少なくなり、素早く送球もでき、盗塁でのランナーをさしやすくなります。
その為にも、練習はもちろん、キャッチングの際は必ずミットの芯でとるように練習しましょう。

 

 

また、外角ぎりぎりのボールを捕球する時は、手だけで捕りにいくとキャッチャーミットがブレるので、捕るであろう場所の位置より、やや外側にミットを先回りさせて、その場所に体全体を戻すようにキャッチングすると、ミットも自然に戻ってきてボールの威力に負けてブレることなくしっかり止めることが出来ます。

 

 

ストライク、ボールにはあまり関係ありませんが、ピッチャーからすると嫌なものなので、戻しながら捕るという癖をつけると良いでしょう。これが外角球の捕り方のコツです。

 

 

【ワンバウンドのキャッチング】
ランナーがいて、ワンバウンドのボールが来た時には、ボールを捕ることよりも後ろにそらさないようにすることを考えます。
その為には、最初からプロテクターがある胸でボールを落とすつもりでやると上手くいきやすいです。

 

 

まず、ミットをボールが捕れるように地面につき、股間を隠すようにし、膝を落として上半身を前に傾けてボールを前に確実に落とすようにします。

 

 

また、コーナーにボールが来た時には、ホームベース側に上半身を前に深く傾けて、しっかり腰を落とし、真ん中にボールが落ちるようにすると良いでしょう。

 

 

ミスをしない試合に勝てるキャッチャーになれる上達方法!

 

野球キャッチャー育成プログラムDVDの詳細を見てみる