キャッチャーの基本 野球キャッチャー育成プログラム DVD 定詰雅彦 上達 練習法 コツ

MENU

キャッチャーの基本

キャッチャーは、チームの守備の要と言われチーム全体の守備位置を把握し、適切な指示を出さなければいけないなど、ピッチャーのボールを受けることから始まり、配球の組み立て、ゴロの処理、盗塁阻止、時には体を張ってホームベースを守るなど、内野手の中でも役割がとても多い重要なポジションです。

 

ここでは、そんなキャッチャーの役割から基本プレーまで解説しています。

キャッチャーの基本記事一覧

キャッチャーは、他の野手と違い、ピッチャーが投げやすいように構えることが大切ですね。その為には、どっしりと構え、「ここへ投げて来い」としっかりミットの面を見せることです。コントロールが悪い投手の場合は特に、コースごとに体の中心でミットを構えてあげるようにすると投げやすいものです。また、姿勢は、どんなボールに対してもすぐに動けるように、膝を柔軟にし、お尻を落とさないように構え、肘を軽く曲げると腕が自...

キャッチングは、どのコースにボールがきてもミットの面がしっかり真ん中に向くようにします。ミットを下に向けて手首を使いすぎると補給の反応が遅れるので、ピッチャーに対して、ミットの面をしっかり見せ、ボールの勢いに負けないようにすると良いです。実際にボールを捕る時には、ミットの芯で捕るようにすればいい音が必ず鳴るので、その日にピッチャーのボールが走ってなくても、ボールが来ているように投手は感じ、ピッチャ...

キャッチャーのスローイングで一番大切なものはなんでしょうか?それは、速さです。キャッチャーの見せ場として盗塁阻止などがありますね。ボールを捕ったらすぐに正しい足の運び(ステップ)をし、投げる体制に入る速さは、コツを知り誰でも練習すれば上達できるものです。そして、その次に正確さ、強さになると思います。正しいステップ、足の運び方としては、ボールをキャッチしたら、基本、その捕った位置に右足を持っていくこ...

キャッチャーゴロの対処が上手く出来ていますか?ゴロなどのバントの処理は、簡単なようですがしっかり練習をしているのとしていないのでは大きな差がハッキリでますね。そして、バントなどのキャッチャー前のゴロは、事前に投げる方向を決めておき、投げやすいように回りこんで送球します。ポイントとしては、ボールを追う為の一歩目を大きく踏み出し、ボールの近くで歩幅を小さくして両手(ミットと右手)で、すくい上げるように...

キャッチャーフライをミットに確実におさめる練習法をご存じですか?キャッチャーフライは独特な球の軌道があり、どう対処するかがポイントになります。その軌道は、ボールが真上に上がることが多く、ほとんど手前側にボールが回転しています。その為、野手側で捕ろうとすると、ボールが逃げていき落球しかねません。ですので、体をバックネット側に正面を向けて捕るようにします。また、フライが高く上がると、風などの予期せぬ変...

タッチが上手く出来ていますか?1つでも多くアウトをとるためには、タッチの仕方は大切ですね。そして、タッチする際のホームベースのブロックの基本は、ボールがくるまでベースの一角をあけておきキャッチと同時に走ってくるランナーに体ごとぶつかるイメージで、滑り込んでくるランナーに沿って逆らわないように体を回転させながら、ミットをベースの手前におきます。タイミングさえ間に合えば確実にアウト出来る方法です。この...

ワンバンを上手く止めることが出来ていますか?ワンバウンド、ショートバウンドが上手く止めることが出来なければ、無駄な進塁を走者に与えてしまうほか、ピッチャーからの信頼も失われてしまいますね。上手く出来るようになるポイントは、足(膝)の使い方が大切です。ワンバウンドのボールが来たら腰を浮かさないようにして両膝を素早く地面につけ、ボールの軌道がどうなるのか予測して準備しておくことが大切で、普段から投手の...

バント処理が上手く出来ていますか?バント処理をする場合は、出だしを低い姿勢で飛び出し、ボールに対して最短距離で入り、低い姿勢を保ったまま捕球して投げるようにすると良いです。少し低い体勢を保ってボールを捕りにいけば、テンポよくスピードに乗りやすく、ボールから目もそれだけ近くなり、ファンブルなどが少なくなります。バント処理の基本は、右利きならボールの左側に入って捕るようにします。そうすることで、送球ま...

キャッチャーは、ボールを捕る、投げるという基本的な練習をすることが大切ですね。これを怠っていると、パスボールなどのミスを起こしてしまうなど、練習での準備不足が直ぐに出てきてしまうポジションです。そして、キャッチャーは基礎練習を積み重ねることで上達し、試合でのミスが減ってきます。ですが、捕手の練習と言うのは、そんなに多くの練習方法があるわけではなく地味な練習が多いものです。しかし、上達をしたいなら基...

キャッチャーに必要なものは何でしょうか?野球では、試合の半分以上は投手で決まるとも言われますが、それはボールをしっかりとってくれる捕手がいてからこそです。キャッチャーは、投手と合わせてバッテリーと言われ、それだけ重要なポジションを担っています。そして、捕手の良し悪しは、投手をリードするインサイドワーク次第で決まると言う人もいます。ですが、投手が投げたどんなボールでも捕らなければならないのが捕手です...

キャッチャーが肩を強くするにはどうすればいいのでしょうか?肩の強さは、生まれもつたものもあるかもしれませんが、練習次第では今より強くすることが出来ます。一般的に、子供の頃からピッチャーをしているとボールが速くなってくるものですね。ですが、それ以外の野手はそれほど速くはなりません。その違いは何故だか分かりますか?それは練習に違いがあるからです。投手は低い球を強く投げる練習をしていますが、野手はしてい...

ランナーが走った時の送球するまでの過程は、右足に体重をのせて、左足を踏み出すという一連の動きになりますね。その為、素早く投げるには、この一連の流れを早くすることです。とは言え、いくら急いでも右足に体重をかけないと素早く投げることは出来ません。そして、はじめに送球時間の短縮に出来ることは、座った時にあらかじめ左足をやや前に出しておくことです。(構え自体は通常と同じ)2塁に投げるようなら、左の肩がセカ...

キャッチャーのカバーりングがしっかり出来ていますか?キャッチャーの動きで忘れてはならないのはカバーりング(ベースカバー)ですね。これを怠るとチームメイトから信頼を得ることができなくなります。では、シチューエーション別にどのように入ればいいのでしょうか?例えば、内野ゴロの一塁へのベースカバーがありますね。この場合は、内野手の一塁への悪送球などボールがそれた時に、余計にランナーを進塁させないことにあり...

捕球の時に目をつぶらないで捕ることが出来ていますか?特に少年野球のキャッチャーの中には、捕球の時に目をつぶってしまう捕手もたまにみかけますね。普通にピッチャーのボールを捕球するときは平気でも、試合や練習でバッターが目の前でバットを振られると、恐怖心からつい目をつぶってしまうのでしょう。その為、ミットにボールが入るまで見ていないので、ファールチップやキャッチャーフライになった時に、ボールがどこに行っ...

キャッチャーの指導法でお悩みではありませんか?特にキャッチャー経験がないお父さんや指導者の方は、子供をどのように指導していけばいいのかお困りの方も多いのではないでしょうか。例えば、中学や高校野球部で良く聞く話に、3年生が引退して新しいチームになった時、キャッチャーがいない為に、肩の強さなどを見込まれて他のポジションからコンバートされたという選手も少なくないですね。そうなると最初から捕手を指導して育...

キャッチャーとして体は大きいほうですか?捕手というと体が小さいと不利と思っている方も少なくないでしょう。確かにキャッチャーというと体格が大きい選手が多いようなイメージがあり、筋肉もそれだけあるので肩が強いなどの有利な面はあると思います。更に、体が大きい選手はそれほど動かなくても届く範囲が広いので、小さい動きでもボールをとめたりすることも出来ますね。ですが、体が小さい小柄な選手でもキャッチャーは十分...

野球の捕手にとってキャッチャーミットは技術が上達する上で大きく影響を及ぼしてきますね。その為、キャッチャーミットの作り方が重要になってくるのです。特に新品のキャッチャーミットを使う場合は、いかに自分の使いやすい形に作りあげることが出来るかがポイントになるでしょう。ただ、ミットの使いやすい形というのは人それぞれですので、全ての人に合うように説明をすることが出来ませんが、自分の中でボールが納まる場所と...

右手をミットの後ろにおいて、両手で捕球をしていませんか?大切なものを捕る時というのは、誰しも両手を使って捕ろうとするものですが、これは野球のキャッチャーにとって大事なのは言うまでもありません。ですが、両手で捕球するというのは、キャッチャーミットの可動範囲を狭くしてしまいます。実際に、ピッチャーの投球が真正面にばかりくればいいのですが、そうはいきませんよね。横に逸れたり、ワンバウンド、高い球など色々...

人差し指を上に向くように構えていますか?キャッチャーミットkの形にもよりますが、人差し指を12時の方向に上に向けて立てて構え、捕球面がピッチャーに見えるように向けて構えると良いと、私は教えてもらいました。このように人差し指を上に向けてミットを上に立てるようにするのは、適度に脇が締り、尚且つ動きやすくて力が入りやすくなるからです。これが基本の正しい捕球の仕方でしょう。ですが、実際に試合でピッチャーの...